クリックされやすいYouTubeサムネイル画像の作り方とは?

d_05

YouTubeの再生回数を増やすには、なにはともあれクリックされないと始まりません。
動画というのは視聴してもらってなんぼです。

そのために僕たちが出来ることは、メタデータをしっかり設定していくことです。
メタデータとは自分の動画に関する情報のことで主に
『タイトル』、『説明文』、『タグ』などの情報です。

これらをしっかり設定することによって
自分の動画が見つけてもらいやすくなります。

しかし、そこで見つけてもらえたとしてもクリックされるかどうかは
『タイトル』と『サムネイル』にかかっています。

今回はそのサムネイル画像の重要性と
クリックされやすい画像について説明して行きたいと思います!

 

クリックされやすいYouTubeサムネイルとは?

僕たちがYouTube上にある動画を再生せずに知ることができるのは
タイトル』『視聴回数』『視聴時間』そして『サムネイル画像』くらいです。

この中で最初に目に入るのは間違いなくサムネイル画像です。
つまり動画の再生率をあげるにはここが勝負なんです。

例えば以下のサムネイル画像を見て下さい▼

1004_a

1004_b

いかにもこの後に何か起きそうですよね笑

このチャンネルはおもしろ動画を一つにまとめたコンテンツなのですが
公開されている動画はどれもその動画内でもっとも魅力的なシーンの
1コマをキャプチャしてサムネイルしています。

これを見ると確かにクリックしたくなりますよね笑

ではなぜクリックしたくなるのでしょうか?

実は多くの再生率の高い動画のサムネイルにはある一定の条件があります。
今紹介した2つのサムネイルをみるとなんとなく気づいた方もいるでしょう。

そうです、クリックされやすいサムネイルというのは

 

続きが気になるんです。

 

クリックしないと結果がわからない
答えがわからないものはクリックされやすいんですよ。

だからその動画のオチだったり言いたいこと
または見せ所をサムネイルにすることで

クリックしないと成立しないサムネイルをつくれば再生率はグーンと上がります。

では、一つの動画を例に例えてみましょう。
この動画は子供が水上スキーをやっているものです。

そのサムネイルを作ろうと思ったときにAとBの画像
どちらのほうが続きが気になるか直感で考えてみてください▼

 

Aのサムネイル

1004_c

 

Bのサムネイル

1004_d

 

さぁ、どちらをサムネイルにしたほうが良いでしょう?

 

これはユーザー目線で見れば一目瞭然なはずです。

このように同じ動画でもサムネイル一つ違うだけで
圧倒的にクリックしたくなる気持ちにさせることができるということです。

 

クリックされやすいサムネイル画像の作り方

では今度は普通の動画でもよりクリックしてもらいやすくするための
サムネイル作成テクニックを紹介していきます。

これは上記で説明した動画内のオチだったり見せ所を動画編集ソフトで
キャプチャしてそのままアップしてもいいでしょう。

ただそれ以外の方法でも『続きが気になるサムネイル』を演出することは可能です。
いくつか参考例を出して紹介します。

 

テキストで惹きつける

テキストをサムネイルに入れるテクニックは多くのYouTube動画でよく見受けられますよね。
これ、実際かなり効果的です。

あまり文字数が多いと逆にわかりづらいので
シンプルでインパクトのある言葉を入れるのがGOODです。

2018年の平昌オリンピックのNHKのYouTubeチャンネルでも
サムネイルにテキストを入れていたのには驚きましたがやっぱりわかりやすいですね。

 

矢印、丸表示で惹きつける

矢印や丸を使って興味を惹かせる方法です。

これはそこになにかあるように演出したり、
何かが起きることを暗示させることができます。

テキストのように言葉を使わない分相手の想像力を掻き立てる効果があります。

 

モザイク

サムネイルにモザイクをいれることで興味を惹きつける方法です。

先程の矢印や丸を入れるのと似ていますがモザイクの場合は
あえて隠すことで何でもないものでも逆に気になってしまう心理を利用しています。

これはカリギュラ効果と呼ばれるもので、
立入禁止の場所に入ってみたくなったり
不倫はダメだけど相手を好きになってしまったり
そのような心理をサムネイルで利用しています。

 

最後に

以上がクリックされやすいYouTubeサムネイル画像の作り方でした。

普段何気なく目にしているサムネイルも結構考えられて作られていたりします。

でもどんなに素晴らしい動画を作ったとしても中身を見てもらわなければなんの意味もないのです。
だからサムネイルというのは中身以上にしっかり作る必要があると僕は思っています。

もちろんサムネイルで釣って中身が全然違うものというのはNGです。
しかし、演出ひとつでより多くの人に視聴してもらえたり
またはその動画を視聴して欲しい属性に届けることができるのであれば手を加えない理由はありません。

今回の記事を読んでサムネイル画像がいかに重要かがわかってもらえれば幸いです。

このような動画を視聴してもらうためのテクニックや心理というのは
僕の無料メルマガでも表現を変えて詳しくお伝えさせてもらっています。

ご興味ありましたらぜひ登録してみてください↓↓

 
スティーブン倉田の無料メルマガ

 

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ