YouTubeアイコンとチャンネルアート画像の作り方

k_1020

YouTubeチャンネルを作成したら『マイチャンネル』を表示してみましょう。

きっとこのようになっているはずです。

1020_a

 

これだけでは味気ないですよね。

ユーザーは、『あなたの動画』に興味を示して視聴してくれますが

そのうち何人かは『あなたが投稿する動画』に興味を示すようになります。

こういった人を取り込むことでファン獲得に繋がります。

『動画』から『あなた』に興味を持った人が次に訪れるのが『マイチャンネル』になります。

ここではより詳しく『あなた』の事がわかる情報を載せることが出来ます。

しかし、サムネイル画像同様に最初に目を引くものは

『アイコン』『チャンネルアート』です。

 

YouTubeサムネイルの作成方法とクリックされやすい画像とは?

 

アイコンはあなたの『顔』になりますし、

チャンネルアートはHPで言うところのヘッダー画像に値します。

今回はそのアイコンとチャンネルアートの作り方を紹介します。

 

YouTubeチャンネルアイコンの作り方

まずはアイコンを作っていきます。

下記アイコン画像の編集ボタンをクリックします。

1020_b

 

するとこのようなメッセージが出てきますので、『編集』をクリックします。

1020_c

 

別ウィンドウが開かれ、写真をアップロードする画面になります。

1020_d

 

ここでアイコンにする画像を選びます。

画像サイズは800×800ピクセルが推薦されています。

アイコンはマイチャンネルだけでなく、動画再生ページでも表示されます。

テキストは入れすぎても見づらいのでパッと見て分かりやすいものがいいですね。

 

画像を作成したらその画像をアップロードします。

 

1020_e_v2

 

問題なければ右上の『完了』ボタンを押します。

1020_f

 

するとこのような表示になります。

1020_g

 

これでアイコン作成は完了ですのでこの画面は閉じてしまって大丈夫です。

マイチャンネルに戻って反映されていることを確認しましょう。

※反映には2~3日ほど時間がかかることもあります。

1020_h

 

YouTubeチャンネルアート画像の作り方

続いてチャンネルアートの作り方です。

アイコン画像編集の時と同じようにチャンネルアートの編集ボタンをクリックして

『チャンネルアートを編集』を選びます。

1020_i_v2

 

アップロード画面になるので、ここに作成した画像をアップします。

1020_j

 

チャンネルアートの推薦サイズは2560×1440ピクセルです。

しかし、チャンネルアートの場合は閲覧するデバイスによって見え方が変わります。

1020_k

 

背景をパターンイラストやパターン素材にする場合は気にする必要はありませんが、

テキストメッセージを入れて主張したいという要望があるならば、

どのデバイスのでも枠に収まるような画像を作成する必要があります。

 

『テレビ』『PC』『モバイル』のどのデバイスでも表示されるのサイズは

1546×423ピクセルになります。

ただこのサイズで画像を作成してもサイズが小さすぎるのでアップロードは出来ません。

なので2560×1440ピクセルの中に1546×423の枠を作って画像を作成する必要があります。

つまりこういうことになります。

1020_l

 

アップロードすると、以下のようにどのデバイスでも表示されていることが分かります。

1020_m

1020_n

 

以上がチャンネルアート画像の作成の手順になります。

 


この作業もチャンネル作成後にセットで行うようにしましょう。

マイチャンネルはあなたの情報を発信できる場所となるので、

どんどんカスタマイズしていきましょうね!

 

 

 

スティーブン倉田の無料メルマガ

mail_magazine_bg_v3  

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ