YouTubeで安定的に再生回数を稼ぐ方法

k_1120

YouTubeで安定的に再生回数を稼げる動画とは?

YouTubeで現在主流になっている稼げるジャンルを記事にした中で、

風景動画を撮影しましょうというお話をしました。

 

YouTubeで稼ぐための動画ジャンル3選-2016-

 

もう既に撮影しまくっている人もいると思いますが、ちょっとだけ考えて欲しいことがあります。

 

Googleなどの検索エンジンで最も検索される言葉というのは、トレンドワードランキングなどを見ればわかると思います。

では仮にSMAPが解散を発表したとしましょう。(しましたけど)

すると『SMAP』の検索需要ってすごいわけです。

ここでSMAPに関連した動画を作成でもすれば再生数は稼げるかもしれません。

しかし、ほとぼりが冷めてしまえば再結成でもしない限り『SMAP』というキーワードの検索ボリュームは薄いままでしょう。

 

昔、『アイスバケツチャレンジ』というものがありましたが、あれなんか分かりやすいです。

その時に便乗すればそれなにり視聴してくれる人はいたと思いますが、今となってはその言葉すら忘れている人がほとんどでしょう。

勢いで作った動画もブームが過ぎ去れば単発的な再生回数で終わりです。

 

では、今あなたが風景的な動画を撮影しているとしたらどんなものを撮影していますか?

何も考えずに撮影するのと、ある規則性を狙って撮影するのとでは『安定的に再生回数を稼ぐ』という部分で大きく異なってきます。

実はそれって前回の記事で紹介した動画にヒントがあったんですよね。

そうです、これです。

 

季節によって再生回数が変わる??

では次にこちらの動画を観て下さい。

 

この2つの動画はどちらも上野公園を撮影したものです。

比較して何が違うかわかりますか?

真っ先に思いつくのは

『桜が咲いているかいないか』の違いだと思います。

 

はい、それで合っています。

それで、安定的に再生回数を稼げるのは『桜が咲いている動画』です。

これは勘がいい方ならわかると思いますが、同じ上野公園でも桜が咲く時期って1年間を通してほんの数日間です。

その数日間と言うのはこぞって世間が桜を取り上げます。

つまり、『桜』もしくは『花見』がトレンドワードになるわけです。

なので同じ上野公園でも季節によって世間の関心が全然変わってくるわけですよ。

 

で、

ここからが大事なんですが、『安定的に再生回数稼ぐ』ということに関して話します。

『桜』『お花見』というのは年間通して一瞬の出来事ですが、

必ず毎年やって来ます。

この毎年やって来るという事が重要なんです。

 

YouTube動画はよほどの違反をしないかぎりは桜を撮影してもペナルティを受けることはないです。

するとその動画って一生資産として残るわけです。

そして、毎年3月終わりから4月頭にかけて桜が咲くのは必須ですよね。

つまりその動画は毎年その時期に再生回数を稼いでくれる事になります。

もちろん、最初はそこまで再生回数を稼げないかもしれませんが、ずっとその動画はYouTubeに残り続けるので一度アップしてしまえば毎年勝手に再生されますよね。

微々たるものでも質より量の長期的戦略を立てている身分としては十分かなと思います。

 

毎年恒例行事・イベントをおさえる

まとめるとこうなります。

毎年行われるイベントや、恒例となっている行事。

年間通して必ず訪れる催しものなど思いつくものはたくさんありますよね。

それを動画にするんです。

それこそが安定的に再生回数を稼げる動画です。

 

しかもこの動画の良いところって、ある程度予測がつくので計画が立てられることです。

春に桜が咲いて、夏に海開きがあって、秋にハロウィン、冬にクリスマス。

掘り起こせばもっとありますよね。

だからネタはここに絞って、あとはどのように魅せるかを考えればいいだけです。

きっと同じことを考えている人間はいるはずですし、すでに同じような動画がいくつもアップされていたりもします。

だから切り口を変えたり、演出を加えたりと考える必要も出てきます。

ですが、とりあえずはスマホでサクっと撮影してアップしていって問題ありません。

撮影してアップするという一連の作業が習慣化することがまず大事ですからね。

 

さあ、ではこの記事を読んだ時点で今週末または来週末に何かを撮影してみましょう。

そこであなたが考えることは

『今しか撮れない、今を逃したら来年まで待たなければならないもの』

これを意識して撮影を行いましょう。

 

それと、別に風景にこだわる必要も無いです。家の中でも同じようなネタで動画を撮影することは出来ます。

今、季節は夏ですがこのような動画もこの時期観る人は多いと思います。

 

 

 


いかがでしたでしょうか?

このように確実に起こるイベントをネタにして動画を作成してアップロードすれば、毎年観られるようになります。

ただ、いざ実践しても初年度は全然再生回数は増えないかもしれません(汗)

でもそれでいいんですよ。

目指すところは一攫千金動画ではありません、年金動画ですから(笑)

 

 
スティーブン倉田の無料メルマガ
 

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ