アドセンス審査2016年8月以降の申請~広告コード取得方法

k_1239

アドセンス審査用ブログの準備が完了したら、実際にアドセンスを取得していきましょう。

アドセンス取得にはまずはGoogleアカウント必要がなので、こちらから手に入れてください。

Googleアカウント取得方法

 

アドセンス審査が2016年8月からいろいろ変わりました

Googleアカウントを取得したらアドセンスに申請を出します。

実は2016年の8月から諸々仕様が変わりました。

大きく変わったのは審査用ブログの合格基準が厳しくなったと言われています。

ですので、順番的には審査用ブログが整ってからアドセンスへ申請を出すという流れになります。

審査用ブログについては、こちらをご参照ください。

 

アドセンス取得前に独自ドメインブログで審査を通過するための準備

 

よろしければ説明していきたいと思います。

まずは、GoogleAdSenseのサイトに行って『お申し込みはこちら』をクリックします。

1239_a

 

『ログイン』ボタンをクリックして先ほど作成したアカウントでログインします。

1239_b

 

すると、ウェブサイトを入力する画面がありますのでこちらに申請用のブログURLを入力します。

こちらが2016年より無料ブログでは申請が通らない仕様に変わっています。

独自ドメインでないと次に進めないので、ドメインを取得してURLを入力するようにして下さい。

コンテンツ言語は日本語を選択しましょう。

完了したら『保存して次へ』をクリックします。

 

あなたの情報を登録する画面に切り替わります。

必要事項を入力したら『お申し込み送信』ボタンをクリックします。

※アドセンスアカウントの取得は個人、組織につき1つとなっています。

 

送信した後ですが、

『電話番号を確認してください』という画面が出てくるので、自分の電話番号が入力フォームに設定されていることを確認したらショートメッセージ・自動音声のどちらかで確認コードを受け取って次の画面で入力してください。

以上でGoogleアドセンスの申請は終了です。

メールで合否が届くまで数日待ちます。

この時『無効なアカウントです』という画面が出ると思いますが、それは審査中ということなので気にしなくて大丈夫です。

1239_h

1次審査の合格通知が届いたら、次は広告コードを取得してそれをブログに貼り付けて2次審査を受けます。

 

広告コード取得の手順

アドセンス管理画面トップページから『広告の設定』タブを開いて『新しい広告ユニット』をクリックします。

1239_e

 

『名前』は任意で決めていただき、『広告サイズ』・『広告タイプ(テキストとディスプレイ広告)』を選びます。

最後に『保存してコードを取得』をクリックします。

1239_f

 

広告コードが表示されるので、赤枠のコードを全てコピーしてあなたのブログに貼り付ければGoogleはこのコードを検知して2次審査をしてくれます。

 

1239_g

広告コードの貼り付け方は、AdSense Managerを利用してみてください。

AdSense Managerの使い方とWPプラグイン設定手順

 

以上がアドセンス申請から広告コード取得までの手順でした。

広告コードを貼り付けて数日間運営すると、程なくしてGoogleから2次審査通過の連絡が来るので、そこで晴れて収益化出来るようになります。(はい、自分におめでとー!!と言いましょう)

1239_i

それと、1次審査や2次審査を待っている間ですが

審査用ブログは絶やさずに投稿するとして、他のコンテンツを読み込む時間に使いましょう。こういう時にインプットしておくのは時間の有効利用となります。

 

 
スティーブン倉田の無料メルマガ

 

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ