WordPressプラグインの見つけ方&インストール出来ない時の対処

k_1480

WordPressをインストールしてから初期設定を行っていく中で、プラグインの導入は不可欠になります。

プラグインはサイトの運営を手助けしてくれたり、作業短縮となるものもあります。(無数にあります)

普通この機能はHTMLとかcssなどを利用して改善していくものですが、それをいとも簡単に担ってくれるのがプラグインなので使わない手はないですよね。

何と言ってもHTMLのことはよくわかりませんからね(汗)

今回はそのプラグインの見つけ方からインストールまたは、それが出来ない時の対処を説明していきたいと思います。

 

WordPressプラグインの見つけ方~インストール有効化

インストール方法は2つあるので説明させていただきます。

WordPressからプラグインを新規追加でインストールする方法

管理画面から『プラグイン』を選び、『新規追加』を選択します。

1480_a

 

プラグインの一覧が出てきますが、プラグインの入力フォームに必要なプラグイン名を正確に入力します。
※プラグイン名は似たようなものが多くあるので完全一致で検索してください。

1480_b

 

入力したら、『今すぐインストール』をクリックします。今回はpost-viewsをインストールしてみます。

1480_c

 

画面が切り替わるので、『プラグインを有効化』を選択します。

1480_d

 

これでインストールが完了しました。

1480_e

 

アップロードしてインストールする方法

検索エンジンで必要なプラグイン名を入力して該当サイトを開きます。

ダウンロードボタンがあるのでダウンロードします。

1480_f

 

プラグインの『新規追加』から『プラグインのアップロード』をクリックします。

1480_g

 

先ほどダウンロードしたZipファイルを指定してアップロードします。

1480_h

 

インストール後に有効化をして完了です。

 

インストール出来ない時の対処

プラグインのインストールを2つのやり方で説明させていただきました。

では、上記の方法でインストールが出来なかった場合はどうすればいいか。

ここはFTPの出番です。

1480_i

 

public_html → wp content → plugins

の階層を辿っていくと上記のプラグインが格納されたフォルダが表示されるので、ここにダウンロードしたプラグインをアップロードをしていきます。

まあ、あまりこのやり方を使うこともないと思いますがもしやることになってわからなくなったらご連絡ください。

 

 
スティーブン倉田の無料メルマガ
 

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ