芸能人とYouTuberの違いとは?メリット・デメリットを考えた

k_1571

この前、検索フォームに”芸能人”と入力して画像検索したらバランス良く芸能人の顔写真が掲載されていました。

これを見て僕が思ったのは、やはり芸能人てすごいなあと漠然と感じたんですよね。

見ているだけで豪華ですし、何と言ってもビジュアルが良すぎます。

ただ芸能人と言っても職業は、俳優や歌手・タレントなど様々です。実際何やってるかわからない人も多いです。

また、その肩書を使える線引というのも物凄く曖昧だと思うんですよ。その判断って誰が決めるんだよって話でもありますもんね。

 

一方で、YouTuberという職業が存在します。

YouTuberと聞いて思い浮かべる顔ってまだそこまでイメージできないと思います。

ただ、今後は確実にYouTuberの顔が定着してくるようになるでしょう。

僕が先程挙げた芸能人ですが、もうYouTuberとの境界線がなくなりつつあるんですよね。

YouTuberにも様々なジャンルがあります。

大体はおもしろ系とかチャレンジ系が目立ちますが、今後は何かに特化したYouTuberが増えていくと僕は見込んでいます。

 

しかし、いくら境がなくなりつつある状況だとしても確実な違いは存在します。

今回は芸能人とYouTuberの違いとそれぞれのメリット・デメリットについて考えてみました。

 

芸能人とYouTuberの違い

僕が双方で決定的に違うなと感じているのは『ルールの有無』だと思っています。

芸能界というのは、視聴者には伝わらない見えないルールというものが存在します。

例えば、キャスティングにしても事務所が絡んでくるのでバーターで起用させたり、または他事務所のタレントと共演NGがあったり。

裏番組には出てはいけないとか、楽屋の挨拶がうんたらかんたら・・・。まあいろいろありますよね。

 

それに比べるとYouTuberと言うのはYouTubeの世界で生きているので、あくまで個人発信なんですよね。だから、誰も口出しできないしされてもどうってことない。

『嫌なら見るな』が通用してしまうんです。

つまりこれと言ったルールは無いです。YouTubeのガイドラインでは行き過ぎたものはNGとされていますが、それでもテレビと比べれば規制は緩いですよね。

 

また、もう一点大きな違いを挙げるならば『人数』もあります。

芸能人が活躍する舞台はテレビが多いと思いますが、だいたい1つの番組には司会者がいてアナウンサーがいてレギュラー陣がいて準レギュラー陣がいてゲストがいてもっというと番組を制作しているスタッフもいて・・・みたいな構成になります。(報道とかバラエティとか)

しかし、YouTubeの場合はYouTuber一人だけの配信が主流ですよね。最近では複数で配信を行っている方も増えましたが、やはり企画・構成・演出・撮影・編集・出演を1人でやるのが王道です。

 

では、この『ルール』と『人数』の違いからそれぞれのメリット・デメリットを見て行きましょう。

 

芸能人とYouTuberのメリット・デメリット

芸能人のメリット

やはり『集客力』があって『数字』を持っている点ですね。

そして、テレビを主戦場としているので広い世代から認知されているという点があげられます。

それとビジュアルの良さもありますよね。芸能人は顔が命ですから。

 

芸能人のデメリット

すべては事務所の判断に大きく左右される点ですね。芸能人に人気があって集客力があったとしても、それを動かしているのは芸能プロダクションです。

それが嫌で独立して個人事務所を設立する芸能人もいますが、そう簡単に上手く行くものではありまん。

こういう時は大体干されがちです。

 

YouTuberのメリット

自分主体で好きなものを発信できるのがYouTuber最大のメリットと言ってもいいでしょう。

ボク個人の感想ですと大物YouTuberと呼ばれるようになれば、芸能人とさほど変わらない集客力と数字を持っている状態だなと感じています。

 

YouTuberのデメリット

全部一人でやらなくてはならないこと、そして番組を作るという点においては予算が少なすぎる点ですね。

YouTuberなんて気軽に出来てしまうものなのですが、その気軽さ故にチープさはどうしても誤魔化せません。

 

芸能人がYouTuberにYouTuberが芸能人に

最近では芸能人がYouTuberに転身したりするようにもなってきましたが、だからといってその人がYouTubeで人気が出るというわけでもありません。

一方で、YouTuberがテレビにゲスト出演することは最近増えましたよね?テレビに限らずイベントに呼ばれることは頻繁に起きています。

これはYouTuberに集客力があるという事が認知されはじめたからです。

 

こうやって考えると、テレビの世界で芸能人として有名になるよりYouTuberとして有名になって芸能人扱いされるほうがより堅実なんじゃないかなと思ってきます。

きっとその辺に夢を感じてYouTube配信を行っている人もいるでしょう。

 

僕個人の意見をまとめると、『どんどんYouTuber増えろ』ですね(笑)

なんちゃってとかでもいいと思うんですよ、なにかを発信することが大事なんで。

あなたが芸能人になりたいかどうかは別としても、有名になるということは多少のリスクもありますが長い目でみると大きなアドバンテージになります。

総タレント時代と呼ばれる現代において、一般人が芸能人化するための中間にあるのがYouTuberだと思います。

特にYouTuberになる必要は無いと思いますが、あなたもYouTubeを使って何かを発信してみるというのはいかがでしょうか?

 

簡単ですよ~(*´∀`*)

 

 
スティーブン倉田の無料メルマガ
 

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ