帰りたいが口癖の人の心理は病気ではなくほぼ環境の問題

『帰りたい!帰りたい!』って聞くと、僕はユニコーンの大迷惑を思い出します。

バントマンが”帰りたい”と歌にするとその叫びもロックンロールに聞こえてきますが、
現実社会の”帰りたい”はもっと切実です。

日本のサラリーマンが働いている会社のフロアには
見渡す限り疲れきった顔をしている社員の姿があります。

みんな口には出しませんが共通して思っていることがあります。

そう、

 

『帰りたい』

 

です。

今回は帰りたいという言葉が口癖になている人、
言葉になってしまう心理について説明していきたいと思います。

帰りたいが口癖の人たち

すべての人が帰りたいと思っているわけではないのですが
世の会社務めの方は帰りたいと思っている人のほうが多いでしょうね。

何故かというと、日本の働くオトナは帰るべき時間に帰れていないからです。

これが、毎日定時で退社できていればそこまで帰りたい気持ちは膨らまないはずです。
でも現在の日本ではそれが実現出来そうにありません。

プレミアムフライデーが始まった初月に早く帰った人は
調査対象約3000人のうち、3.7%だったそうです。

 

そりゃみんな帰りたいって言いたくもなるよ(汗)。

 

だから口癖のように帰りたいと言っている人の気持ちもすごくわかります。
だっていつも帰れないんですから。

僕が以前働いていた会社にも帰りたいが口癖の社員がいました。

その言葉が口に出る時間はいつも決まって定時を過ぎてからです。

そこからは息を吐くように「あー帰りたい」と言っていました。

ですが、定時を過ぎるまではその言葉が出てきません。
(言葉にしないだけかもしれないけど)

きっとこれはその人の中で、
定時以降は業務よりも帰ることに優先順位が切り替わるからです。

 

確かに、僕も会社員時代長時間労働が続いていた時は
残業中は帰りたい以外の発想が無かったかもしれません。

なのでこのような場合は口癖になるのも理解はできるんですよね。

しかし、それだけにとどまらない人もいます。

それは日常的に『帰りたい』言っている人です。

 

いつも帰りたいと言う人の心理とは?病気なのか?

全日本もう帰りたい協会というTwitterのアカウントがあります。

そこに投稿されている内容が切実すぎて少し笑ってしまいました(笑)。

 

面白おかしく書かれてはいますが多くの共感を得てるあたり、
ひとつの真実を代弁しているのでしょう。

”家を出た瞬間から帰りたいと思うのは病気なのかもしれない”
そう考える人もいますがそれは違うと思います。

そもそも帰りたいと口癖のように言ってしまう心理というのは、
心がそこに無いからなんです。

その場から帰りたいわけではなく、
今の状況から本当に帰るべき場所に帰りたい。

けどそこがどこなのかもわからないし、
わかったからといって帰れるわけではない。

『お金欲しい』『仕事辞めたい』『結婚したい』
の類と一緒です。

きっと常々帰りたいと言っている人は、
家にいても帰りたいと思ったり、最悪口に出したりしていることでしょう。

 

僕は以前4ヶ月間会社に泊まっていた時期がありました。
ただ、週に1回は家に帰れるる日をつくることが出来たんですよ。

ですがそれは”家に帰る”というよりも
数時間リフレッシュしてまた会社に戻るための一時帰宅でした。

その時はさすがに家路に着いたにもかかわらず
『帰りたい』と独り言を言ってしまいましたよね(汗)。

そこで思ったのは、
会社で働いている以上はどこにいても帰りたい気持ちが消えることはないんだなと。

だからこれを、
”帰りたい病”だと捉えるならその治療方法は

ズバリ、

 

環境を変えるしかありあません。

すべては環境の問題

思い出してほしいんですが、修学旅行で夜までバカ騒ぎをして
「この瞬間がいつまでも続けばいいなぁ」と思ったことはありませんか?

「明日になったら帰らなきゃいけないのか~」とか寂しい気分になったりしませんでしたか?

または恋人や友達と旅行に行った時にも楽しすぎて、
その場から離れたくないと思ったりしたことありませんか?

要は、『帰りたくない』と思ったときのことを思い出してほしいんです。

なぜかというと
口癖のように帰りたいと言ってる人が本当に帰るべき場所は

その環境だからです。

あの時、『楽しくてこの場からまだ帰りたくない!』と思っていた環境に戻りたいんです。

 

だから僕はそういった環境が毎日続けば
帰りたいなんて思うこともないんじゃないかなと考えてます。

 

じゃあなぜあの時のような気持ちになれないのか?
それは帰りたいと思わせる元凶があるからです。

改めて、帰りたい元凶ってなんなのか考えてみてほしいんです。

 

・・・

 

・・・間違いなく会社ですよね。

 

会社という環境が帰りたい原因を作っているわけです。
それは会社にいてもいなくても同じです。

なので、帰りたいと言う人は本当は開放されたいんじゃないかとも思えます。

数時間後には会社に行かなくてはいけない事実から開放されたいはずなんですよ。

でもそれが叶わない。
だからどこにいても年中帰りたいと考えてしまう。

 

ん~。このまま一生帰りたいとつぶやきながらの人生ってどうなんでしょう?
しんどすぎませんか(汗)

僕は帰りたいと現状に不満を言うよりも、
帰れる環境を作る行動を取ったほうが未来の自分のためになるんじゃないかと思います。

もしも、今の会社員生活が未来の自分のためにならないと感じているならば
それは環境を変える必要があるはずです。

僕なんかは現在帰りたいという感情が無い生活を送っています。
なぜなら会社に雇われず家で仕事をしているからです。

そういう暮らしをし始めて思うのは
雇われないだけでも人生大きく変化するものだなと。

例えば、
朝何時に起きてもOK、そのまま仕事に入るもよし散歩に行くのもよし。
洗濯や掃除もちゃんと出来るし、平日の昼間に遊ぶことも可能です。

このような生活を送るためには
帰りたいと思うだけではどうにも解決しません。

『帰りたい』という言葉を『変えたい』にする

たったそれだけでも現状は徐々に好転していきます。
まずは口癖から変えてみるのもひとつの解決策ですね。

スナフキンもそのようなことを言っていましたよ。

 

 

会社を辞めるための準備

世の中には僕同様にインターネットの力で人生を激変させた方たちが大勢います。

しかし、一部の方はもともとブラック企業に務める会社員で
家に帰れないほどの労働を強いられていた過去を持っています。(僕もです)

そんな人達がなぜその環境から脱出できたのか?

それは

 

会社以外で働ける環境の存在を知ったからです。

 

たったそれだけ。

そうやって自由気ままなライフスタイルを送れるようになる方法はメルマガでもお届けしています。

もし、ご興味があればメールマガジンへの登録もしてみてくださいね!!

 
スティーブン倉田の無料メルマガ

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ