『好き』という感情は偉大です。

k_1871

つい先日、久しぶりに一目惚れをしました。

仕事関係で知り合った人です。まさかのまさかの出来事ですね、これ。

僕は人生で一目惚れをすることってほとんど記憶に無いのですが、2017年に1カウントされました。

なぜ、今更一目惚れをしたのか?実はこれには理由があります。

 

それは、

 

その人が昔好きだった人にすごく似ていたからです。

 

こんなの絶対に恋に落ちますよ。気付いた時に数秒固まりましたから(汗)。

ものの数時間であの頃の気持が一気に蘇ってきましたからね。

 

『ヤバイ、どうしよう』

 

今はそんな気分です。

これってこちらが勝手に盛り上がっているだけですよね。

まだ特に会話をしているわけではありませんが、彼女とまともに話せるかどうかわかりません。

ちなみに僕は独身ですし、お付き合いしている人もいないのでアプローチを仕掛けることは可能です。でもしません。

なぜならば、

 

彼女が既婚者だからです。

 

不倫はさすがにしません。

ですが、僕の心は随分潤っています。

ネットビジネスを夢中で実践してきて1年ほど経ちますが、恋愛を楽しむということはありませんでした。

恋愛<<<<<お金 くらいの気持ちだったので『人を恋愛感情で好きになること』を忘れていました。

 

確か、過去に自分のコンテンツでブログアフィリエイトで頑張れないなら大切な人を作ったほうが良いと発信した記憶があります。

それは本来ネットビジネスは自分の未来のために頑張るものなのですが、それが出来ないと言うならば誰か自分以外の大切な人のことを考えれば頑張れるのではないか。という内容だったはずです。

一目惚れの彼女がきっかけで当時恋愛をしていた女性のことを思い出しましたが、あのときは彼女のために頑張れた自分がいましたね。

世界中の人間を敵に回しても…というありがちな恋愛定型文がありますが、ガチでそんなこと思ってました。

わからないですけど、一目惚れの彼女が集客に困っているのであれば多少条件が悪くても引き受けてしまうかもしれません。

それだけ『好き』という感情は計り知れないものなんですよ。

 

これはスティーブン倉田のサイドストーリーですが、情報発信者としてはそういう人として当たり前の感情というのは持ち合わせていることは大切だと思いますし、これがメインストーリーで何かしらの良い影響をもたらしてくれるかもしれません。

少なくとも『好き』の感情を思い出させてくれたことは大きいですよ。

 

いや~春ですね~。

 

 

 
スティーブン倉田の無料メルマガ
 

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ