Facebookでビジネス勧誘メールに乗っかってみた結果

こんにちは。

『~させていただきます』という丁寧語を90%の確率で噛むスティーブン倉田です。

 

僕は、ブログやYouTubeなどのWebコンテンツを使って収益を得ているのですが
これを大きな括りで言い表すと『ネットビジネス』と言いますなります。

それ以外にも、インターネットを使ったビジネスであればその言葉に置き換えられるでしょう。

しかし、この『ネットビジネス』というワードに怪しさを感じる人は
世の中に一定数存在しているのも事実です。

では、その怪しさの原因とはなんなのでしょうか?

これはは大きく分けて2つあります。

ひとつは、

何をやっているかわからない怪しさがあるということ。

会社などの組織に所属して給料をもらうことに慣れてしまっている方からすると、
「インターネットで収益が発生する仕組み」ものに対して理解に苦しむものがあります。

僕も当初はこの理由でネットビジネスというものを怪しんでいました。

けれど今では
真面目に取り組めば極めて理にかなったビジネスだと自信を持って言えます。

だから僕は表で打ち出しているサイトコンテンツや
メルマガを通してその誤解を解いているわけです。

 

そして怪しさを生んでいるもうひとつの原因は、

怪しい売り方をしている人が多いということ。

これは”コピペで◯◯万”とか”ワンクリックでナンタラカンタラ”の煽りのことを指しています。

数年前に与沢翼さんが現れた時に
こういったフレーズを目にする機会がありましたが

もう最近はあまり見かけなくなりました。

ですが、あるツール内では現在もなおこの手法が使われていました。
そのツールがFacebookなんです。

 

Facebookでビジネス勧誘メールが来た!

ネットビジネスをやるならば幅広くツールは使っておく必要があるのですが、
僕は最近までFacebookをちゃんと利用してこなかったんですよね(なんか腰が重かった 汗)。

ですが、メンターの教えもあり積極的にFacebook活動に取り組みはじめました。

すると思いの外メチャクチャ来ますね、

ビジネス勧誘メールが(汗)!

基本的に友達申請をした後にメッセージが送られてくるのが鉄板です。
まあそれは全然構わないんですけど、問題はその中身です。

殆どのビジネス勧誘メールに書かれている内容が
ビジネスを実践している自分がみても怪しいんですよね(汗)。

 

1987_a

 

これを見て思うのは、やっぱりグイグイ来られると抵抗あるなということです。

中には関係性を築いてきてからビジネスに勧誘してくる方もいらっしゃったのですが、
それでもその日のうちに攻め込んでくるので
やはり仕掛けるタイミングが早すぎると感じてしまいました。

ビジネスを恋愛で例えるとするならこの行動は
路上でナンパしてる感じと似ているなと(笑)。

それでひとつ気になったのは、
みなさんどうもLINEの登録を勧めてくる方ばかりということです。

そんな矢先このような連絡が来ました。

 

 

普通に興味あるので返信してみた。

するとこんな返しが▼

1987_c

 

コピペだけで月に数十万!?

・・・とまるでネットビジネス未経験者のようなリアクションを取ってしまいました(汗)。

まさに数年前に流行ったフレーズがここで使われたわけです。

実際にコピペで月に数十万が
本当に可能なのかと聞かれれば可能ではあります。

しかし、
それが出来るのはネットビジネスを
ある程度経験した人じゃないと難しいとは思うんですよね。

僕がコンサル生にネットビジネスのいろはをお伝えするときも
コピペで稼げるとはやはり言えませんし、
その言い回しが単純にダサいので言いません。

でも今回はその実態が気になったので、
僕の方からいろいろ質問攻めをした結果、

やはりLINEに誘導されたので興味本位で登録してみました。

すると・・・

1987_d

事業説明会を行うグループへ招待され、グループ内で挨拶を済ませるような感じになりました。

 

僕もよくわかっていませんでしたが、挨拶を済ませて▼

1987_e

 

あとは説明会の時間を待つのですが、
なんか怪しい組織に潜入したスパイのような気分でした。

そして、指定の時間になると音声通話のLINE説明会がはじまりました。
このときはグループ30人くらいいた気がします。

司会の方が今回の説明会の進行しはじめると
突然すごく偉い方が現れました。

なんとなく、この人の話を今回聞くんだろうなというのは直感でわかりましたね。
すると司会の方が次の瞬間、

司会『では、1人1人自己紹介お願いします』

僕『(えーー!?)』

この状況でなんて言えばいいのかもわからずみなさんの自己紹介ははじまりました。

Aさん『現在借金がありまして、少しでも経済的負担を軽くしたいと思い今回・・・・』
Bさん『今直ぐにでも始めたいと思っています。現在21歳ですが、学費を払うことでいっぱいいっぱいで将来の不安が・・・・・』
Cさん『体を壊してしまったのでパートの時間以外で収入源が欲しいと思い、今回説明会で・・・・・』

もうここに参加している人たちはやる気満々でした。
そして、みなさんお金に困っていました。

司会『では、次の方』

僕『スティーブン倉田と言います。現在はWebマーケティングを学びながらWebコンテンツビジネスでコンサルタント業務などを行っています。たぶん、割と生活は自由な方だと思います』

なんか、自分だけちょっと浮いてるような気もしたがまあ気にすることもないかなと。

全員自己紹介が終わると、代表の方が今回の事前説明会の話をし始めるのですが、
これが2時間続きます。

この2時間でわかったことは

  • 今回の説明会はMLM(ネットワークビジネス)の話だった
  • 事前説明会なので大体の人が申し込む前提で話が進められた
  • 説明を聞いてもなぜコピペで数十万いくのかは理解できなかった
  • こういう世界もあるんだと学びを得られた

ですかね。

代表の方の話が終わってから質疑応答の時間に入りました。

順番に質問の機会を設けてもらったのですが、
みなさんさっきよりもすごいやる気になっていて驚きましたね(汗)。

資料を見ながらの解説だったんですけど、
きっとこの代表の方の発言が多くの方に響いたのだと思います。

これは僕の中で結構学びになるなと素直に思いました。

ただ、MLMのビジネス自体は全然真っ当なことをしているのはわかるのですが、
どうもやり方が怪しさを生んでいるなというのが今回僕が感じたことです。

恐らくFacebookでの勧誘メールに乗っかると、
行き着く先にはこのような場所になのかもしれません。

そして僕が体験したようなことが往々にして起きているんだと思います。
今回はその一部に過ぎないでしょうね。

これからもこういったビジネス勧誘メールは届くと思いますし、
別に悪いことをしているわけではないので
面白そうなビジネスがあればまた参加していきたいとも考えています。

ただ、せめてもうすこし仲良くなってから誘ってもらったほうが登録しやすいし
その方が推奨しているビジネスへの興味関心が深まるんじゃないかなと感じました。

つまり、

 

路上でナンパは怪しまれるじゃん。

 

ってことです。

 
スティーブン倉田の無料メルマガ

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ