クドカン作品(ドラマ・映画)に学ぶ濃いファン層の獲得術

k_218

宮藤官九郎の作品って結構好きなんですよ。

今だったら『ゆとりですがなにか』を絶賛視聴しているんですが、

どうも視聴率がよろしくないとかなんとか(笑)

今期のドラマは各局で不調が続いているみたいですが、

視聴率が低迷したドラマの主演俳優は『低視聴率俳優』という嫌なレッテルを貼られてしまい、

どこも使ってくれないとう状況に陥ります。(キャストに頼るのもなんか違うと思うケド)

 

同様に脚本家も同じことが言えるはずなんですが、

クドカンって定期的に作品を生み出してますよね。

実はクドカンのドラマはここ最近、最低視聴率を更新しているみたいなんです。

『あまちゃん』であんな大ヒットさせたにも関わらずです。

 

そうなってくると批判的な意見もありそうなんですが、意外と視聴者の声は好評なんです。

これっていうのは、一部の強い支持率があるからなんですよね。

あの独特なタッチって、僕なんかは好きですけど受け付けない人もいるっぽいので

観ない人はクドカンってだけで観ないかもしれませんね。

逆にクドカンってだけで観る人がいるのも確かです。

つまりは、ファンの心掴んでるので視聴率とは関係なく宮藤官九郎の作品は観る人は観ます。

 

何故、クドカン作品は濃いファンを獲得できたのか?

クドカン作品の入りは『池袋ウェストゲートパーク』でした。(僕の場合)

その時は純粋に面白いドラマって認識だったんですよ。

翌年に『木更津キャッツアイ』が始まりました。

ですが、その時に気づいたんです。

キャストの中に『池袋ウェストゲートパーク』で出演していた俳優が何人か出てたんですよ。

ここがまず引っかかったところだと思います。

 

これは、安心感を与えたんだと思ってます。

普通、ドラマ(映画)が変わればキャストも全員変わるものじゃないですか。

でもクドカン作品は違いました。使ってくるんです。

それによって、このドラマは『池袋ウェストゲートパーク』の人の新しい作品だ。

ということを意識しました。

それはつまり、”じゃあ面白いな”という先入観で観てるんですよね。

これがファン導入のからくりかなと思います。

 

それを狙ってるのかは分かりませんが、

その後もクドカンの作品には毎回どこかしらにお馴染みの顔ぶれを揃えてくる傾向にあります。

またその人達がクドカンの世界観を引き立てるから外せないんですよ~。

 

次に、自ら広告塔になってる点もそうですね。

クドカンは脚本家ですが、役者もやります。番宣も出ます。

バンドもやってるのでフェスも出ます。

僕たちはクドカンのいろんな顔を知ってるんですよ。

それって純粋にファンをつけやすいと思いません?

つまり、僕なんかは特にそうですけど作品も好きだけどあの人自体が好きです。

そういう人は多いと思います。

それが濃いファンを惹きつけてるんですよ。

このへんは野島伸司と違うところですかね。

 

ここから学べること

他にもファンがついた理由はあるかもしれませんが、

以上の2点だけでも学べることがあります。

僕がやっているネットビジネスにおいて集客は大事です。

僕はネットビジネスで日々検証を行ってますが、

まず篩いに掛けて残ったものを採用して行くようにしています。

ここではあまり具体的な内容は避けますが、検証として10通りの方法を試したとしたとしたら、

その中でうまく行った4通りを残し、その4通りだけで試してまた2通りにして行く。

最終的に残った方法を毎回使うようにしてます。だってそれはうまく行くやり方だからです。

それは外せないんですよ。そこに価値がありますし、僕のカラーにもなりますからね。

 

また、自分を知ってもらう努力をした方がいいということですね。

例えばネットビジネスやるにしても僕のような、

『10万円稼ぐ方法教えます!』

みたいな事やってる人はたくさんいるじゃないですか。

あなたが、じゃあその方法を誰かに教えてもらいたいとなった時、

どのものさしでその人を選びますか?

何も知らない状態であれば、その基準はわかりませんよね(汗)

だから僕なんかは、自分を知ってもらうためのアクションを仕掛けないと行けないなって。

そういうところに行き着きました。

それこそ、自己分析と自己PRですよ!!

なんだか就職活動みたいですね・・・。

 

実は学生の頃に自分が将来やりたいなあと思ってた事を、

当時の宮藤官九郎がどんどん成し遂げていたので、

勝手にライバル視してた痛い時期があります(笑)

その頃はクドカン作品を意地はって観なかったし、

ケチばっかつけてました。(まじダサい奴です)

でも、やっぱ面白いんですよね~。

最初から分かってたけど完全敗北です(笑)

 

 

 
スティーブン倉田の無料メルマガ

 

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ