Twitterアクセス解析でわかるインプレッション数の増え方

自分のTwitterがどれだけ見られているのかを知るにはTwitterアナリティクスを有効にするだけで、とても簡単に状況を把握することができます。

Twitterからの集客を考えている方にとってはアクセス解析は必須だと思うので、今回はその見方とアクセスの増やし方について説明していきたいと思います。

Twitterアクセス解析

まず、Twitterのアクセス解析をするにはアナリティクスを有効にする必要があります。

PC上でアイコンをクリックすると『アナリティクス』の項目が出てくるので、そちらをクリックします▼

170805a

 

 

すると、有効の確認画面が表示されるので『有効』にします▼

2315_a

 

すると、アナリティクス画面が表示されます▼

170805b

 

アナリティクスで見る上で覚えるべき用語は主に

  • インプレッション
  • エンゲージメント
  • エンゲージメント率

になるかと思われます。

 

インプレッションとは、

あなたのツイートがあなた以外の誰かのタイムラインにどれだけ流れたかを計るものです。

もちろんリツイートなどされればインプレッション数はどんど増えていくことになります。

 

エンゲージメントとは、

クリック、リツート、ファボ、リプライなど何かしらのアクションを起こした場合の数です。

Twitterから外部リンクに飛ばすことを目的として利用している場合、ここの数値は非常に重要になってきますね。

 

エンゲージメント率とは、

インプレッション(見られた回数)に対してどれだけエンゲージメント(アクション)があるかをパーセンテージで表したものです。

 

アナリティクスで見るべきポイント

アナリティクスのメニューバーには『ホーム』『ツイート』『オーディエンス』『イベント』『詳細』の項目があります。

しかし見るべきポイントは『ホーム』『ツイート』『オーディエンス』くらいで大丈夫かと思われます。

『ホーム』には月単位での情報が掲載されているのでざっくりと眺める程度でよいでしょう。

 

続いて『ツイート』ですが、

こちらはツイートのアクティビティがみれるようになっています▼

2315_b

 

このアクティビティには『オーガニックインプレッション』という言葉が使われています。

これはどういうことかというと、

botなどではなく、生身の人間のタイムラインに流れている数を表しています。

 

それで上記画像を見て頂くと、あきらかに跳ねている日があるのがわかると思います。実はこれあるバンドについて書いた記事をURL付けてツイートしたところ、割りと有名な関係者の方がリツイートしてくださり瞬く間に拡散されたという経緯があります。

それはそれで嬉しいことなんですが、注目するべき点はそれ以降のオーガニックインプレッション数です。

アクセスの爆発以前と比べるとそれ以降のインプレッション数が底上げされているんですよね。

例えばブログサイトではひとつの記事のアクセスが爆発すると、他の記事のSEOなどがあがり全体的なアクセスの底上げがされるというのは実証済みでしたが、Twitterアナリティクスでも同じような現象が起きました。

確かに、爆発以降ファボやリツイートは増えているので納得の結果ではありますね。

 

そして、右側を見てみるとエンゲージメントの内訳が表示されています▼

2315_c

このリンククリック数こそが、Twitterから外部サイトへの誘導がうまくできているかをみれる部分ですよね。

ツイートに貼られたリンクをクリックしてもらってはじめて集客効果を生むという使い方をしているのであれば、特にファボやリプライよりもクリックが重要なアクションになるはずです。

『ツイート』で見るべき点はそういったところかなと思います。

 

つづいて『オーディエンス』ですが、ここで見るのは男女比率くらいでいいですね▼

2315_d

 

もっと分析しようと思えばできそうですが、ボク個人としては上記あげた内容だけ日常的にチェックできていれば問題ないと思います。

ブログ、YouTube同様にTwitterもしっかりアクセス解析をして集客効果を高めていきましょう!

 
スティーブン倉田の無料メルマガ
 

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ