花田優一が靴職人と芸能活動を併行するメリット・デメリット

貴乃花親方の長男・花田優一さんが芸能プロダクションとマネジメント契約を結びました。

花田優一さんといえばイタリアのフィレンツェで3年修行を積んだ後に
現在靴職人として都内に店を構えているわけですが、

やはり貴乃花親方の息子ということもあり
ここ最近メディアへの露出が増えてきたなと僕自身も感じていた矢先、
今回のような契約が報道されました。

個人的には花田優一さんの靴職人として成長しようとしている姿をみると応援したくなります。

しかし、この芸能プロダクション契約に対して世間では否定的な意見が多いのも事実なんです。

何をするにしても否定意見は出てしまうものですが、
今回は花田優一さんが靴職人でありながら芸能活動をしてくことのメ
リット・デメリットを余計なお世話かもしれませんが自分なりに考えてみました。

k_2462

花田優一の靴職人&芸能活動のメリット

まずはメリットについて。

僕はこの件に関してプラスになることのほうが大きいと思っています。

なぜなら、
今回花田優一さんが芸能プロダクションと契約を結んだ理由というのは

あくまで靴職人に光を当てるためだからです。

靴職人業界の内情はわかりませんが、
それを目的にしているのであれば花田優一という人物が
テレビなどに出ることは一番効果的な方法だと思います。

貴乃花親方の長男という肩書だけでもご年配の方からの支持も強いですし、
起用する側からしても支持層が広いので
いろんな番組に出演する機会を設けてもらうことが見込めますよね。

元水泳日本代表の北島康介さんや、
ラグビーブームの火付け役となった五郎丸歩選手も

本業を広めるために自らが広告塔になってメディアへの露出を増やしていったように、
花田優一さんもそのような活動をしていくのでしょう。

なので

靴職人という職業はこれからフィーチャーされていくのではないかと僕は予測しています。

それと貴乃花親方の長男が靴職人をやっている事実を知った時、
『靴職人ってどんな仕事なの?』と思った人は僕を含め結構多いと思います。

それを花田優一さんが定着させることで
靴のオーダーメイドブームが起きる可能性だってあるわけです。

それは今後の花田優一さんの活動次第だと思いますが
今現在のステータスだけでもテレビ的な数字は十分持っているので
メディア出演の宣伝効果は高いなと感じています。

 

花田優一の靴職人&芸能活動のデメリット

一方でデメリットとしては『二世タレント』のレッテルを貼られるという点です。

別に二世タレントが悪いというわけではないんですが、
過去の事例を見ても二世タレントでうまくいっている人ってほとんどいないんですよね(汗)。

世間も二世タレントに対してはやけに厳しい目を向けがちです。

花田優一さんが芸能界ではなく
全然関係ない靴職人という道に進んだことを評価している層もいるので、

タレントになってしまうとなるとファン離れが起きるかもしれません。

あとはゴシップもありますね。

芸能事務所に入る以上は変なデマ情報に巻き込まれることもありますが…
そんなことを今から心配してもしょうがないだろうと僕は思ってます。

 

本業が疎かになるということに関して

abdd8dc956fd5650f4431548c1249fae_s

それで、ひとつの否定派の意見に
”テレビに出たら本業が疎かになる”という考え方があります。

僕は果たしてそれが的を得た意見なのかどうか疑問を持っています。

なぜなら

一つの仕事だけをやり続けることが正解とは限らないからです。

例えば、僕がパン屋さんを始めたいとします。

そのためにはパンの作り方を学ぶ必要がありますが、
パンの作り方をずっと学んでいれば
お店が商売繁盛かといったらそうではありません。

店を経営するための能力も必要になってきます。

すると経営を学んでいく中であることに気づくはずなんです。

そう、

 

集客が重要だということに。

 

集客が出来なければどんなにおいしいパンを作っても
誰も食べてくれません。そもそも店の存在も知ってもらえません。

あなたが努力して身に付けたスキルがあるならば
今度はそのスキルを評価してもらはなければなりませんよね。

それはパンでも絵でも芸でもなんでもいいですが、
とにかく知ってもらわなければただの自己満足の世界で終わってしまうわけです。

そうではなく、もっと自分の作った作品を多くの人に知ってもらって、
見たり聴いたり触れたり食べたり感じたりして欲しいと願うなら

集客にチカラを入れるはずなんです。

そんなときにメディア出演のオファーが来たら
相当条件が悪くない限りは快くOK出しますよね。

つまり、花田優一さんが靴職人の未来のために
今回のメディア露出へ時間を使っていると考えれば、
疎かになるとかそういう発想にはならないんですよ。

これは私事ですが、
僕も『映像制作』と『個人コンサルタント』『Web集客』を併行して行っています。

しかしどれも疎かにはなっていません、
むしろ視野が広くなってそれぞれのシゴトに繋がりが生まれ
より大きなシゴトが出来るようになってきます。

例えば集客の相談を受けた時に動画でプロモーションしましょう!
という話になった場合、

クライアントが動画とか作ったことないしあてもないというのであれば
自分が映像制作のシゴトをさらに受注してもいいわけです。

そうやって自分の出来る幅を広げていくことで
経営は成り立ってくると思っています。

花田優一さんの場合はテレビという巨大媒体に出れる能力があるのですから
そこで靴作りをするにあたっての新しいアイデアや
コラボレーションも生まれるかもしれませんね。

なので、広い視野を持つという意味でも
今回の芸能プロダクションとの契約というのは
いい方向に進むと僕は思っているわけです。

 
スティーブン倉田の無料メルマガ

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ