Googleメモアプリ『Google Keep』の超便利技紹介!

常になにかいいアイデアがあったらメモに残す習慣がある人にとってクラウド上にメモを保存できればとても便利ですよね。

現在はそのようなクラウドを利用したメモ書きアプリがたくさんリリースされています。

僕もちょっと前まではスケジュールアプリをメモ代わりにしてPC、スマホ、タブレットを同期して利用していました。

しかしメモアプリとして今のところ最も有能なものは間違いなく『Google Keep』と言えるでしょう。

Googleの提供しているサービスが大好きで普段からいろいろお世話になっていましたが、メモ帳もやはり使い勝手がいいんです。

今回はそんなGoogleメモアプリのGoogle Keepについて説明していきます。

k_2588

Googleメモアプリ『Google Keep』

Google KeepはPCでもスマホでもアプリとしてインストールすることができます。

どんな時に利用するかと言ったら、外出先でいいアイデアが浮かんだ時にサクッとメモするときだったり、あとはたまにテキストデータのバックアップに利用することもあります。

Google Keepを開くとメモ書き一覧が現れます▼

2588_a

頻繁に利用していると何が何だかわからなくなってきます(汗)。

そんなときのためにGoogle Keepではラベルで管理出来るようになっています▼

2588_b

 

メモの書き方

Google Keepのメモの書き方は至って簡単です。

ホーム画面上部のメモ入力フォームに文字を打ち込みます▼

2588_c

 

タイトルはわかりやすくしたいなら付けてもいいと思いますが、僕は特にラベルで管理しているので付けないことのほうが多いですね▼

 

これて完了です。

ただこれだとラベルがない状態なので新たにラベルを作成してみましょう。

 

ラベルの付け方

メモ入力フォームの下にある『その他のアクション』ボタンをクリックすると『ラベルを追加』の項目が出てくるのでそちらを選択して下さい▼

2588_e

 

メモに付けるラベル名を決めて『作成』を選択し確認できたら完了をクリックします▼

2588_f

2588_g

 

するとラベルの枠が出来るようになり、クリックするとラベル付けされたメモ書きだけが表示されるようになります▼

2588_h

2588_i

 

基本はこのメモ書きとラベル付けだけで十分活用できます。

それではここからは各種便利機能を見て行きましょう。

 

Google Keepの便利機能

メモ入力フォーム下のアイコンは左から

  • リマインダーを追加/編集
  • 共同編集者
  • 色を変更
  • 画像を追加
  • アーカイブ
  • その他のアクション

と並んでいます▼

2588_j

 

簡単に説明すると、

・リマインダー
メモ情報を時間or場所で指定してお知らせ設定をすることができます。

・共同編集者
共有するユーザーのメールアドレスを入力するとその相手にもこのメモに限り編集権限を与えることが出来ます。

・色を変更
バックの色を変更出来ます。

・画像を追加
メモに画像を追加出来ます。

・アーカイブ
現在のメモをアーカイブすることが出来ます。

そんな感じです、必要なものは十分揃っているかと思われます。

それで、その他のアクションに『図形描画を追加』というものがあるのですがこれが結構画期的なんです▼

2588_k

 

これでなにが出来るかというと・・・・

 

・・・

 

・・・。

 

描けるんです▼

2588_l

これはとても驚いた機能で、PCでもスマホでも描けます。

消す、色をつける、ペイントの太さを変える、選択範囲で切り取るなどが出来るようになっていてその素材をPNGでそのままダウンロードすることも可能なんです。

書くのではなく描いてメモするというのは利用する人によってはとても便利なものなのではないでしょうか?

個人的に外出先でスマホを使って絵でなにかを説明するときに便利なのかなと思います。

 


 

以上がGoogle Keepの機能紹介でした。

僕はGoogleドライブ、Googleマップに並ぶくらいGoogle Keepを利用しています。メモ帳アプリはいろいろありますけどGoogleが提供しているものは基本肌に合うんですよね~(笑)。

 

スティーブン倉田の無料メルマガ

 

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ