【とと姉ちゃん】小橋家の家訓に学ぶ自分のルールを決める重要性

k_263

NHK連続テレビ小説の『とと姉ちゃん』を毎日観ています。

朝ドラを毎日観るのって本当に久しぶりなんです。

最後に観たのが何だったか全く覚えていません。

それと、このドラマって視聴率が絶好調だと連日ニュースになっていますよね。

アングラなyoutube動画ばかり観てた自分にとっては、

国民的ドラマに新鮮さを誰よりも感じています。

 

とと姉ちゃんの物語を簡単に話すと、

主人公の小橋常子は、今は亡き父親と交わした『家族を守る』という約束を果たすべく、

紆余曲折しながらも3姉妹で力を合わせて、

後に一世風靡する一冊の雑誌を作るまでを描いたヒューマンドラマです。

 

その中で主人公の常子は幼少期に父が大切にしていた、

小橋家の家訓を引き継ぐ形で現在まで守っています。

その家訓というのは、

 

一、朝食は家族皆でとること

一、月に一度、家族皆でお出掛けすること

一、自分の服は、自分でたたむこと

 

の3つでした。

 

小橋家の家訓に学べること

この家訓を見ると別に出来なくもない話ですよね。

ドラマ内で、お出かけする家訓だけは常子が働くまでは守れていませんでしたが、

僕達の生活の中では普通に継続することは難かしくないです。

そもそも家訓というのは継続が難しいものではないものです。

 

僕の家庭には家訓というものはありませんでした。

基本的に自由にやれのスタンスの家庭で育った影響なのかは分かりませんが、

今現在も自由にやってます(笑)

 

しかし、家訓を決める意味って何でしょうね。

常子は、父親の意思を守りたいという思いで続けています。

これを破ることは許されません、何故なら家訓だからです。

ですが時代は変わり、大人になった3姉妹の一番下の美子が、

『お出掛けする』という家訓を破り、常子と喧嘩になる話がありました。

もし自分の家庭にそんな家訓があったら、

きっと思春期の頃に破ってるだろうなと思いますし(笑)

子供が大きくなったらみんなで出かける事も実際なくなりますからね。

 

ただ、逆にこういう縛りというものがあった方が

生活の秩序は保たれるのではないかと思っています。

『朝食は家族皆でとること』を家訓にすれば、

強制力も働き、確実な起点になりますからね。

なので日々の生活の中に家訓とまでは言わないにしても、

絶対的なルールを決めるというのは非常に重要なことなのではないでしょうか。

 

自分の中でルールを決めてブレないマインドを手に入れる

僕は所帯持ちではないので家訓というものは無いですが、

自分の中のルールみたいなものは決めています。

 

・夜9時以降は食事しない

・ほぼ毎日走る

 

と言った健康に特化したようなルールです(笑)

これを破ったからといって自分自身を波紋することもないんですけど、

決めるってだけでも、『やらなくちゃ』という気持ちにさせられます。

正直出来ない日もありますよ。

しかし、そういう時は必ず『罪悪感』が生まれます。

この『罪悪感』が生まれることが重要なんです。

何故、罪悪感が生まれたのか?

それはルールにしていたから。そのルールを破ってしまったから。

これを決めていなかったら、

なんの迷いもなくサボります。

サボるというか、『別にいいや』って気持ちになるでしょう。

 

僕がこのルールを決めている理由は、痩せるためです。

痩せるために毎日走る。

痩せるために夜の食事は避ける。

です。

理由と行動が一致しています。

しかし、

痩せるためにそんなに走る必要もないだろ。

痩せるために夜食事しちゃ行けない理由もないだろ。

というのはめっちゃブレてますよね。

 

人って、本当に怠けるの得意なんですよ。

だからルールは必要なんです。

 

ネットビジネスに共通すること

実はネットビジネスでも僕はルールを決めるようにしてます。

ブログであれば毎日1記事

動画であれば毎日1動画

まあ具体的に今やってるのはそれだけなんですけど(汗)

僕はウェブ上にコンテンツを日々制作してる身なんですが、

そこで心がけているのは、どのコンテンツも更新を絶やさないようにしています。

この世界はサボったら稼げないんです。なのではっきり言いましょう。

”楽して稼げません!!”(半分本当で半分嘘を言っています。)

 

そうならないようにルールを決めておくと、継続できるんですよ。

ただでさえ、参入者が多い割に挫折率が高いこのビジネスですから。

そうでもしないとダメっぽいです。

 

嵐の大野君が主演を務めていたドラマ『世界一難しい恋』。

実はこのドラマも好きで観ていたのですが、

そのドラマ内で、一流ホテル会社の社長室に

目標のようなものが飾ってあるんですよ。

それが、

『ターゲット、フルスピード、トゥーマンス』

です。

これは、社訓っぽくてすごく好きなんですけど、

この起源になったのは、経営書に書かれてあった一文から持ってきたものでした。

しかし、その本に書かれていた一文は

『ターゲット、フルスピード、スリーマンス』

だったんです。

そうです、一月減ってるんですよ。

僕はこれをみて、やっぱ経営者ってそういうことかと感動しました。

このマインドこそが経営者の資格ですよね。

 

ネットビジネスも3ヶ月で10万達成とかよく言われてますけど、

2ヶ月にしたほうが達成率あがったりするんじゃないですかね?

って僕が言うのも変な話ですが(汗)

 

 

 

スティーブン倉田の無料メルマガ

 

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ