無料動画編集ソフトでYouTube初心者にオススメしたい2選

v_03

動画を作成してみようと思ったら必ず動画編集ソフトが必要になってきます。

撮影した素材をそのままYouTubeなどにアップすることもできますが、やはり多少なりとも編集することで視聴する人へのストレスを軽減することができます。

そういった見る人に対して配慮を心がけることで動画の質が上がってきます。

しかし、全くの初心者が動画編集ソフトを扱うにはちょっと抵抗がありますよね。

そもそもどんなソフトを使えば良いのかもわからないと思います。

なので今回は初心者にオススメしたい無料で使える動画編集ソフトを紹介していくのでよかったら参考にしてみてください!

無料で使える動画編集ソフト紹介

最近では驚くほど動画編集ソフトが増えました。

しかも一昔前までは有料級だった機能も今では無料ソフトの中に組み込まれていたりもします。

今から紹介するのは、代表的な4つの無料ソフトです。

実際にインストールして触れてみた感想も併せて紹介していきますね。

AviUtl

有名な無料動画編集ソフトです。

無料にしては機能が豊富すぎるのでこれ1本で突き詰めれば有料ソフト並のことも十分できます。

AviUtlで映像を作成された方のサンプル▼

無料でここまで出来るなんて素晴らしいですよね!

このソフトは拡張プラグインを導入していくことで作業の幅がどんどん広がっていきます。

僕自身はこのソフトを使ったことが無かったので試しにインストールしてみましたが、本当に細かい設定が可能になっています。

こんな感じの画面で編集を行います▼

2863_a

使ってみた感想として、動画編集経験があるひとであれば1ヶ月も使えば慣れると思いますが

初心者にはハードルが高いかなと。

まずインターフェイスがわかりづらいです。

初心者にとってはどこに何があるかすぐ判断できるつくりのほうが良いですよね。

しかし、AviUtlは機能性重視のためその配慮は欠けているかなと感じます。

それと、あれもこれも出来てしまうため何から手を付けて良いのかわからず挫折率が高そうなつくりになっているかなと思います(汗)

なので時間とやる気がある方には向いている無料ソフトかもしれません。

Windowsムービーメーカー

Windows OSに標準搭載されている動画編集ソフトです。
※Windows 7以降はインストールが必要になりました。

こちらの優れている点は、

とにかくわかりやすいということ。

先程のAviUtlと比べると出来ることは制限されてしまいますが、初心者にとっては限られた範囲で作業したほうが覚えることも少ないので気軽に始められるかなと感じます。

インターフェイスも見やすい▼

2863_b

編集画面からYouTubeなどに動画をアップするのであれば最も簡単なソフトだと思います。

また、Microsoft提供なので多くの方が利用されているのでたとえ操作の問題にぶち当たっても、ちょっと調べれば解決策を共有しているサイトが見つかるはずです。

Windowsユーザーであれば一度触れてみるといいでしょう。

ムービーメーカーで作成された方のサンプル▼

iMove

ムービーメーカーはWindowsなのに対してiMovieはapple社からリリースされている無料動画編集ソフトです。

Macに標準搭載されているのでMacユーザーの方は一度ソフトを開いてみるといいでしょう。

こんな感じ▼

2863_c

Windowsムービーメーカー同様にiMoveも非常に初心者でも取り掛かりやすい仕様になっています。

僕がはじめて触った動画編集ソフトがiMoveだったんですけど、ここから入ったおかげでクリップのカット・トリム・フェード・切り離しの基本を覚えられたかなと感じます。

動画はこの基本さえ抑えておけば様になるので、もしお持ちのPCがMacなのであればiMoveからはじめてみることをオススメします。

3ヶ月も使っていればすぐ慣れますし、個人的な感覚ですけどムービーメーカーよりもiMovieのほうがちょっと凝ったものが作れると思います。

iMovieのサンプル▼

Filmora(フィモーラ)

僕が映像制作を外注に出している担当の方がFilmoraを使用しているとのことだったので、一度インストールしてみたのですが

これで無料なのかと思えるほどキレイな作りになっています。

2863_d

無料でこのデザイン性は感動レベルですね。

Filmoraはテンプレートが豊富に取り揃えてあるので、エフェクトやOP・クレジッドには不自由しないでしょう。

こちらは有料版にグレードアップすることも出来るます。

無料版を使用して欲が出てくるようになったら有料に移行してみるのもありかもしれません。

Filmoraのサンプル▼

YouTube動画初心者はiMovieかFilmoraの2択

ここまで無料動画編集ソフトを4つ紹介しましたが、僕のオススメ出来るのは

 

iMovieとFilmoraの2つです。

 

iMovieに関しては実際に初心者だった自分が短期間で操作方法をある程度覚えることができたので自信を持ってオススメできます。

YouTubeにそのままアップロードすることもできますし、アップル製品なのでiPhoneで撮影した映像を取り込む際もスムーズです。

インストールの手間も無いので動画制作初心者でMacユーザーならiMovie一択ですね。

そしてもっとスキルアップをしたいと思った方はここからiMovieの上位互換ソフトFinalcut(有料)などに切り替えるといいでしょう。

そしてWindowsユーザーは初期段階でFilmoraをインストールして使用したほうがいいです。

ムービーメーカーでもいいのですが本当にすぐ慣れてしまうのでゆくゆくはもっと凝った編集をしたいと思っているなら最初からFilmoraで行くことをおすすめします。

そこから状況次第で有料版ソフトの移行がスムーズですね。

Filmoraはインターフェイスがわかりやすいという点が初心者にとってはありがたいかなと思います。

もちろん、YouTubeへのアップロードもこのソフト上から出来るようになっています。

また、ほとんどの動画形式に対応している点も魅力的ですね。

プラグインは随時更新されているので、どうしても必要な場合は購入してみるといいでしょう。

ちなみにMacユーザーでもFilmoraを使っても問題ありません。インストールしてみて肌に合う方を使ってみましょう。

メジャーなソフトをひとつに絞って使いこなそう

v_04

動画作成未経験者の方は最初に何を使っていいかわからないと思いますが、一つ言えることはマイナーなソフトを使うよりはメジャーなソフトを使いましょう。
ということです。

動画編集の無料ソフトは今回紹介した以外にもまだまだたくさんあります。

しかし、あまりマイナーなソフトを使うと操作方法がわからなくなった時に対処法をインターネット上で共有してくれている人が少ないという問題が起きます。

特に初心者の頃はわからないことだらけなので教えてくれる人がいない場合自力でググッて調べることが多いです。

その時に同じソフトで問題解決方法を知っている方がブログ記事や動画などのコンテンツで説明してくれていれば助かりますよね。

だから使用者の多いメジャーなソフトの方がいいわけです。

ぜひ今何を使えばいいか悩んでいる場合は今回紹介した4つのようなメジャーなソフトからひとつに絞って(AviUltはあまりオススメできない 汗)
そのソフトで出来ることを全部やってみてください。

そうやって一つのソフトを使いこなせるようになればそのうちグレードが高いソフトに対応できる能力が身につくようになります。

もし、今現在動画作成のことで疑問やご相談がある場合は
お問い合わせフォームまたはメルマガ初回配信内にある相談フォームから受け付けていますのでお気軽にご連絡下さい!

 
スティーブン倉田の無料メルマガ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です