人工知能(AI)で無くなる仕事一覧←当てはまった人はどうする?


▼▼動画を視聴する方はこちらから▼▼


 


▼▼テキストで読む方はこちらから▼▼


人工知能(AI)の進化が止まらない

pepperと暮らし始めている人たちが増えてます。

すごい時代になりましたよね。

『ロボと暮らす生活』←まさに未来だ!

僕は結婚願望が薄いんですが、お金に余裕があればpepperと一緒に生活するのも悪く無いかなあ~

とかリアルに考えたりもします(汗)。

 

そんな事を考えるようになったのも、

人工知能(AI)の発達が目まぐるしいからです。

本当に成長が早いですよね~。

『近所で生まれた赤ちゃんが3ヶ月経過したらめっちゃ顔つきしっかりしてるじゃん!!』

ってくらいに成長が早いです。

海外ではTwitterで差別発言してるくらいですから驚きです(笑)。

今こうしてる間にもそれらの人工知能は発達しているわけですから。

 

これは人類の発展として素晴らしい功績だと僕は思っています。

”哲学的ゾンビ”が本当に出来上がるんじゃないですかね。

僕はワクワクしています。

こういった近未来の話って面白いですよね。僕は好きなんですよ。

ただ、そんな未来に不安視する声もあります。

その大きな不安の要因は『仕事』についてです。

 

無くなる仕事一覧

機械の技術が発展すれば自ずと人間の手間を省くことが出来ます。

人件費を削ることが出来ます。つまり、従業員を雇わなくて済みます。

つまり今ある仕事は10年後、機械に替えの利くものになっている可能性があるわけです。

そんな中、週刊ダイアモンドで『機械に奪われそうな仕事ランキング』が掲載されていました。以下を御覧ください。

 

  1. 小売店販売員
  2. 会計士
  3. 一番事務員
  4. セールスマン
  5. 一般秘書
  6. 飲食カウンター接客係
  7. 商店レジ打ち係や切符販売員
  8. 箱詰め積み降ろしなどの作業員
  9. 帳簿係などの金融取引記録保全員
  10. 大型トラック・ローリー車の運転手
  11. コールセンター案内係
  12. 乗用車・タクシー・バンの運転手
  13. 中央官庁職員など上級公務員
  14. 調理人(料理人の下で働く人)
  15. ビル管理人
  16. 建物の簡単な管理補修係
  17. 手作業による組立工
  18. 幹部・役員の秘書
  19. 機械工具の調整を行う機会工
  20. 在庫管理事務員

引用元:DIAMOND online

 

これ50位まであるんですがこの辺にしておきましょう(汗)。

 

どうですかね?

今あなたが働いてる職業はランクインしてましたでしょうか?

別にこの仕事をどうこう言うつもりはないんですが、

アメリカではこのような仕事は徐々に機械化していくと言われています。

正直僕もそのほうがいいとは思いますよ。

もし、この結果をみて『ヤバイ』って思ったならば、今のうちに何かアクションを起こしていかないとですよね。

じゃあどうすんの?って話です。

 

機械に仕事を取られる前に

『まあ自分には関係のない話だ。』

『なんだかんだ大丈夫だろう』

とか言ってる人がいます。

あなた、そうなってからじゃ遅いですよ。

 

僕の親戚に60過ぎたおばちゃんがいるんですが、

そのおばちゃんは全然仕事が見つかりません。

年齢制限というものもありますが、それとは別に大きな理由があります。

それは、パソコンが出来ないことです。

若い時にいくらでも覚えられる機会があったのに、当時は『パソコンできなくても大丈夫だろう~』と楽観視して覚えようとしなかったツケが今ここで効いてきたようです。

 

ネットで稼ぐ女性とハローワークの求人←どちらも少ない現実

 

10年後に仕事がなくなるかもしれないことに現実味が無いのであれば、

30年後を考えて下さい。

それだけ月日が経てば仕事を失う確率も増えます。

長い目で見て、その仕事に未来が無いのであれば未来がある仕事を考えておくべきです。

ただ、僕は30年後の仕事がどうなってるかって確実なことは言えませんし、

未来がある仕事って何?って言われて『これ未来ありますよ!』という無責任なことも言えません。

 

しかし、機械が出来ない仕事というのはあるはずです。

僕が思うに、それはより人間の考えが必要とされる仕事が生き残っていくかなと思います。

ただ、人工知能は人間の考えに徐々に近づいてくるものなので、いずれ追いつかれるでしょう。

だったら人工知能を利用する側に立てばいいんですよ。

それってどういう事かというと、みんな自分で商売すればよいのではないでしょうか。

一人一人が何かしらビジネスを行っていくんです。そのツールとして人工知能を利用してあげる。

僕の考えはこれに尽きますね。

 

雇われである以上、いつかその仕事は機械に替えが利くものになります。

だって雇ってる側としては、

同じ作業出来るなら人件費がかからない方がいいじゃないですか。

そうやって仕事を失う人は今後、大量に増えて行くでしょう。

その時点で異業種に再就職を目指しても、未経験OKみたいなものは無いんじゃないかなって思います。

あってもより競争率は高いでしょうね。

 

だからあなたも、何かビジネスをしてみるといいです。

大事なのは雇われていないということ。

そんなの自分には無理と思ってるかもしれませんが、10年あればどうにでもなりますよね?

ってか、どうにかなります。動き出すことが大事です。

今日お伝えしたことは、遠くない未来の話でした。

 

 
スティーブン倉田の無料メルマガ
 

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ