pubsubhubbubを設定してインデックス速度をあげる方法

a_01

今回は『pubsubhubbub』というプラグインの設定を解説していきます。

読み方は”パブサブハブハブ”といういかにも蛇が出てきそうな呪文ですが、
こちらをインストールすることでインデックス速度をあげることができるので
ぜひ初期段階で導入をおすすめします!

 

pubsubhubbubを設定してインデックス速度をあげる

a_03

ではpubsubhubbub(以後PUSHで表記)の設定ですが、
これはインストールして有効にしておくだけでOKです。

PUSHの役割はGoogleに「記事更新したよ!」ということを
伝える速度を上げるプラグインです。

なくてもインデックスはされるのですが、
WordPress開設初期の段階ではものすごく遅いです。

なので少しでも早く記事を検索エンジンに表示させるために
PUSHはすぐインストールしておきましょう。

またインデックス速度をあげるもうひとつの方法として
Fetch as Googleの設定も忘れずに行うようにしてくださいね。

参照記事:Fetch as Googleでインデックスに送信する方法と失敗した時の対処

 

パクリ記事と間違われないための対策ができる

a_02

さらにPUSHは万が一自分の記事がパクられたときに
「自分の記事がオリジナルだ」ということをGoogleに証明することができます。

まず他人のサイトの文章をコピーして自分の記事に書くことは完全NG行為です。
もし必要な場合は引用をつけることがマストになります。

なので、そこを守れば自分の記事がGoogleからペナルティなど受けることはないのですが
自分の記事が誰かに引用なしで丸々パクられてしまった場合

たとえ自分が先に書いたオリジナルコンテンツでもGoogleからすると
その判断が出来ないんです。

つまり、パクられたのにGoogleからすると
「お前がパクったんだろ」と冤罪みたいなことが起きてしまうんです。

PUSHはそのような自体を防ぐためのプラグインでもあります。

これをインストールしておくことでGoogleにいち早く情報を伝えられて
パクリサイトが現れてもオリジナルであることを主張できるわけです。

 

最後に

以上がPUSHの設定、、、というか役割を紹介させていただきました。

インデックス速度は早いほうがいいに決まってるし、
なによりパクリサイトと判断されてGoogleからペナルティを食らってしまうと
アドセンス広告が掲載できなくなってしまうこともあるので
必ずインストールしておきましょうね!

 
スティーブン倉田の無料メルマガ

 

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ