情報量が多すぎてどうしていいか分からない時の考え方

インターネットがあれば知りたい情報が手に入ります。

例えば

『OK,Google!』

 

というようにある程度はググればどうにかなっちゃう世の中です。

実際に『OK,Google!』してる人を僕は見たこと無いですけど(笑)

みんな何かしら情報を知りたいという欲求があり、

それをググって解決して初めて満たされるわけですよね。

 

ただ考えて欲しいのは、

この知りたい欲求を満たしてくれるのはどこかの知らない一人の人間です。

その人のことを僕たちは知りもしませんが、

その人の情報で問題が解決されていることは事実です。

しかし情報提供者が何を根拠に物を言っているか分からない以上、

それって100%正しい情報では無いですよね。

まあここまでは、みなさんうまく真偽を判断して情報を得ているとは思うんですけど

問題はそのような情報が多数あった場合に、どれを信じていいか分からないということです。

k_381

情報量が多すぎる

『情報過多』←インターネットの世界はこの言葉が当てはまります。

知りたい情報に対して答えが多すぎるんですよね。

Aの情報ではこう書かれているけど

Bの情報ではこう書かれている。

Cの情報では

『AとBの情報も間違いじゃないけどこういう情報もあるよ』と書かれている。

で結局どれなんだよ(汗)

って具合です。

 

まあインターネット世界なんで、こんな事がザラにありますよ。

そして、ネットビジネスを始める時にも情報量の多さを感じます。

一度実践されたことがある方は分かると思いますが、

その量に圧倒されたと思います。

『こんなにコンテンツ読み切れない・・・・』

そんな気持ちになりますよね。

僕もそうだったんですが、

この時に何から手を付けていいか分からないという状況に陥ると思います。

 

ゴールは決まっているし目指す場所も分かっているんですが、そこまでの行き方が何通りもある。

この何通りもあることが混乱を招いてるんですよ。

やりがちなのは、Aの手順でゴールを目指していたのに

途中でBの手順の方が早くゴールに辿り着きそうだったから、

そっちに乗り換えるという行為。

それやってると絶対にたどり着けないです。

稼げない人ですそれ。(あ、これがノウハウコレクターです。)

 

手順が複数ある場合の考え方と作業の進め方

ゴールがあれば、そこまで辿り着くためのやり方は『自由』です。

しかし、時としてこの自由って言葉に苦しめられることがあります。

優柔不断な性格の僕には非常に悩む言葉ですね。

いや、真面目な方は大体これ言われると困るかもしれないです。

 

だから、僕は情報に制限をかけるようにしています。

一つに絞った情報でやれるところまでやってみる。

その間は他の情報をシャットアウトします。

余計な情報が入ることで気分に迷いが出てしまうんです。

(その時は)知らないほうがいいことってやっぱあるんですよね。

 

今やれることだけをやってそれが達成されてから次を考えるようにした方が、

作業への充実感もありますし、その後の達成感もあります。

僕は1万円稼ぐまでは何も考えずに限られた情報の中で黙々とやってました。

それが達成されてから、新しい情報を取り入れるようにしたんです。

そうすると、

『え?こんな便利なツールあったの?』

とか

『これ知ってたらもっと結果変わってたじゃん』

という感情が生まれます。

 

しかし今だからこう思うわけで、

当初その情報を知っても全然そのありがたみを感じなかったと思うんです。

だから別にいいんですよ、ここからその情報をしっかり理解して知識として身につければ。

迷いの中で作業するのはパフォーマンスも落ちてしまいますからね。

 

昔のiphoneも出来る操作をあえて制限していたらしいんですよ。

それは、選択肢を無数に与えるとユーザーに迷いが生じて

顧客満足度が落ちるという理由からだそうです。

これは分からなくもないですね。

だから僕も人に何か教えるときは情報を制限して教えるようにしています。

特に自分のコンサル生は長期的な視点で教えられるので尚更そのようにしてますね。

 

あれもこれもだとせっかく持っている熱量が分散してしまいます。

一つに絞ってそこにおもいっきり熱をぶつけてもらったほうがいい結果が生まれるんです。

なのであなたがもしネットビジネスで情報量の多さにパンクしそうな場合は、

分かることだけをしっかりやってください。

書かれている内容が全く理解出来ない箇所があったら、今はそこを無視して大丈夫です。

 

でも一番いいのは、その情報を提供している人にに相談することですね。

それが最短確実で問題が解決しますよ。

あとは、スティーブン倉田に一報頂いても全然OKです(笑)!

 

 

 
スティーブン倉田の無料メルマガ
 

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ