恥をかくと成長するのに恥を恐れる側の日本人になっていませんか?

18_14_

恥をかくことが出来る人は成長できる

ふと、ゴールデンタイムにやっているテレビ番組を観て思うことがありました。

「やたら周りの目を気にする内容のテーマが多いな」

と。

例えばですが、

『知らないと恥をかく世間の常識』←こういう番組テーマとかあるじゃないですか。
そこで思うのは何故そこまで恥をかくことが良くないという見せ方になるんですかね。

僕思うんですが、日本人て恥をかかな過ぎな気がするんですよね。
例えば

  • 人前に出て喋りたくない
  • 今更人に聞けない
  • 自分の思いを相手に伝えられない

これらの理由は恥ずかしいからです。

なんだか非常に残念なことだなと感じます。
よく失敗は進んでしろって言うじゃないですか。

僕失敗するのめっちゃ好きなんですよ。
だって人間が一番成長するときって失敗するときじゃないですか。

でも失敗ってしようと思ってもなかなか出来るものじゃありません。
なにかに挑戦しない限りは失敗が生まれないんです。

これと同じように自ら進んで恥もかいてったほうがいいと思ってます。

もう人が恥ずかしいと思うことを進んでやってったほうがいいですよ。
恥ずかしい経験も失敗同様に本当に成長できますから。

なぜなら、人って一度恥をかくと
もう同じことでそこまで恥と感じなくなるんです。

 

恥を恐れる理由

18_15_

多くの人が恥をかくことに敏感になっている理由のひとつに
『世間の目』と日本独特の『普通を良しとする文化』にあると思います。

世間の目というのは、同調効果をもらたしてます。

”みんながこうしてるから”私たちもこうしよう!

そういう思考が確立されているんですよね。
だからみんなと違うことすると変な目で見られるんです。

仮にそこで異なる行動をした日には。
変なやつという目でみられ容赦なく影で叩かれます。

だから普通でいることが一番となります。
普通でいれば何の問題もありません。
恥をかくこともないでしょう。

しかしそれ以上に人間的にも成長しないでしょう。

僕はこんなん嫌なんですよね。
でもなぜかみんな普通にそうさせようとするんですよ。

まずもって親がそうしてきますからね。

 

これは僕が中学生の時の話なんですが、
当時の僕は飯をめっちゃ食う人間だったんですよ。

それこそ、ご飯のおかわり5杯がスタンダードみたいな感じです。

ですが大体いつも6杯目あたりで母親から
『もう止しなさい』とか言われます。

回転寿司に行っても食べてる途中でも、
『もう恥ずかしいから止しなさい』って言われたりしました。

その時僕は

『よくご飯を沢山食べろって言うけど、実際食べ過ぎると恥ずかしい事になるのか…』

と中学生ながらに思っていました。

今思えばあの時止められなかったら、
絶対大食いバトルで優勝出来たと思います。(マジで思ってます!)

例え優勝出来なかったとしても、
挑戦するという行動は取っていたでしょうね。

少し話が脱線しましたがこれは僕の中でずっと引きずっている話です 笑

とにかくここで言いたいのは、
世間は何故か恥をかかないように生きていきなさいと言っているんです。

これって多分なんですけど、
『恥をかく』という言葉に抵抗があるのかなと感じるんですよ。

 

恥をかけ=緊張しろ

恥をかくことが良くないなら緊張することをやっていくといいと思います。
日々の生活に緊張感を持つような習慣を入れて下さい。

それだけです。

これで生活に張りが生まれます。
緊張する場面というのは恥をかく絶好のチャンスなんです。

たとえば会社でいったら
プレゼンとか取引先との会食とかありますよね。

割りと会社にいれば緊張することって定期的にやって来ますが
頻繁にやっては来ません。

だから自らそういう環境を作って行けばいいんです。
英会話塾に入ってみるとか、セミナーに参加するとか。
もしくは、のど自慢大会にエントリーするとか。

それこそ結婚式なんかあったら余興とか進んで引き受けるみたいな話です。

絶対そういうことすれば緊張感って生まれますからね。
そして、誰しもそうだと思うんですけど緊張した後って凄くスッキリしませんか?

疲れもあるけどそれよりも人として一皮剥けたような気になるんですよね。
緊張する前とした後で比べると後者は自然と余裕が生まれるはずなんですよ。

大事なのはその余裕です。

人間的に魅力がある人はこの余裕が出ています。
そういう人が自分のいる環境に増えてくると日常が面白くなってくるんですよ。

もし今、『恥ずかしい』という理由で何かを躊躇しているなら
そのマインドブロックを取っ払って
一つ上のステージに駆け上ってみるのはどうですか?

きっと今よりも素晴らしい景色が待っていると思いますよ!

 
スティーブン倉田の無料メルマガ

 

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ