しまむらのガルパンTシャツの販売に学ぶ多品種少量での集客

ガールズ&パンツァーのキャラクターTシャツが何の予告もなしに販売されたそうです。

その販売店は『しまむら』

そうです、あの『ファッションセンター しまむら』なんです。

当日に口コミで情報が出まわって即日完売したそうです。

しかも、ツイッター上では店員さんから逆に、

『凄い売れてるんですけど、なんの絵ですか?』

って質問されたとかいう投稿もありました(笑)

 

確かにガルパンの人気がすごいのは分かります。

ここ最近では『おそ松さん』に次ぐ経済効果を生み出していると思いますよ。

だとしたら、恐らくこれだけ売れることは運営も絶対分かってたはずなんですよ。

普通に考えたら大量生産して売りだしてもいいのではなか思います。

それこそ、ユニクロやGUなどで販売してもいいんじゃないかと。

しかし、ガルパンはしまむらを選びましたね。

k_399

しまむらのTシャツ販売戦略

ユニクロとしまむらで違うことってなんでしょうね。

僕なんかはイメージで言うと

 

ユニクロ←お洒落

しまむら←ダサイ

 

みたいな先入観が出来上がってました(大変失礼なこと言ってますよね 汗)。

しかし、世間的にはユニクロ圧勝の中で僕がしまむらに興味を持ったのは、しまむらのイメージキャラクターに『ももクロ』を起用したあたりです。

『おいおい、しまむら攻めてるな』

当時そう思いはじめたあたりからちょっと注目するようになりました。っていうか世間が再注目しましたよね。

 

そして次にアニメキャラTシャツの販売です。

今回ガルパンで盛り上がってますが、しまむらって結構な数のアニメとコラボしてます。

このあたりがアニメブームといい具合に重なってしまむらの魅力が爆発しましたよね。

 

ここで面白いのは、

その情報を知ったとしても商品がなかなか手に入らない現象が起きること(汗)。

まず、しまむらの商品は多品種少量生産です。

そうです、在庫を多く持ちません。全部売り切る姿勢でいるんですよ。

なので、どの店舗にも各サイズが1~2着あるくらいです。(少なすぎる)

人気アニメとのコラボTシャツなんてものは売れるフラグが立ってるので、どこの店舗もに行っても即日完売してしまいます。

 

そして、しまむらは通販を行っていません。

あくまでチラシスタイル!

だってローカルを主戦場としてますからね。なんでもネットで手に入る時代にそれをさせません。

つまり足を運ぶしか選択肢は無いんですが運んだとしても売り切れてる状況なわけですよ。

それをSNS内で、

探してるだの、見つけただの、買っただのっていう一連の盛り上が起きるんです。

この状況に宣伝効果あるんですよ。

 

多品種少量生産でここまで集客できる

話題性としまむらへの集客効果は今述べたとおりですが、ここで気づいて欲しいのは結局商品を持っいる人はごく僅かな人だということ。

これだけ需要があるのに生産量を増やさないなんてもったいない!需要に対して供給量が少なすぎでしょ!

そう思うんですが、

これはきっと希少性の価値だと思います。

ユニクロとしまむらの大きな違いはここなのではないかと思っています。

どちらもファストファッションストアですが、ユニクロのやり方はたくさんの種類を取り揃え、たくさんの量を作る。そして新商品のサイクルを早める。

なので、たとえ同じ商品で似たようなものばかりでも新商品が出るペースが早く、先月買った商品がもう生産中止になってたりします。

そうやって消費者を飽きさせないようにユニクロはやってきました。

 

しかし、しまむらは違います。

多品種少量生産で商品に希少価値を持たせています。

その商品はどこでも手に入るものではないし、今買わなかったらもう手に入らないかもしれない。

一見、しまむらのやり方だと商品自体に価値を生むことが難しそうに思いますが、それを可能にしたのがキャラTシャツなんですよね。

この場合Tシャツもグッズと捉えるとわかりやすいですよ。

だって限定グッズみたいなものじゃないですか。

そりゃコレクター気質のアニメファンからしたら絶対欲しいですもん、こんなの。

そういう意味で相性が良いんでしょうね。

 

今回のような希少性の価値というのは高級ブランド品にみられるものですが、しまむらのようなファストファッション業界でもそのような戦略が出来るということはマーケティングひとつでどんなものでもバカ売れする可能性があるということを再認識させられました。

ただ僕は未だにキャラTシャツを買う勇気がないです…。

 
スティーブン倉田の無料メルマガ

 

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ