動画編集の仕事は稼げるの?YouTubeを使った新しい稼ぎ方について

a_04

動画制作の中でもっとも時間と手間を要するのは編集作業かと思います。

なのでその部分を請け負う動画編集の仕事が生まれるのですが
それで食っていけるのかどうかということについて動画制作歴10年以上の僕から答えを出すならば、

やり方次第で食っていくことも可能ということです。

ですが、もちろんただ動画編集を請け負うだけではこの先厳しいので
今回は僕自身も取り組んでいるYouTubeを使った
新しい動画編集での稼ぎ方についてまとめてみました。

現在動画編集の仕事をしている方、
またはこれからやってみようと思っている方の参考になればと思います!

 

動画編集の仕事で稼げるようになるためにやること

a_03

まず動画編集の役割について明確にしておきます。

動画というのはどう見せるかによって作り方が変わります。
それは大きく分けて2つ。

  • 記録映像
  • 作品映像

この2つです。

記録映像というのは、監視カメラやダンスなどのパフォーマンス、またはスポーツの練習を記録用に撮影しておく動画です。
この動画の役割はあとから特定の人が確認するためだけのものなので、記録映像の場合は編集作業というのはほぼ発生しません。

対して作品映像というのは誰かにとって役に立つ動画になります。
これはテレビの映像、インターネット上にアップされている映像、DVDに収録されている映像、そのどれもが作品映像です。
作品映像の場合は絶対に編集をするというわけではありませんが、編集をする理由は生まれます。

よって、そこではじめて動画編集の役割が発生することになります。

 

編集に価値を置くか置かないか

でも動画を編集するというのはやったこと無い人にとってはとても敷居が高いものです。
作業を覚えればそれほど難しくなく編集ができるのですが、
その行動に移すまでの時間と労力を考えると誰かに任せようという判断になりがちです。

という需要があって動画編集代行のようなビジネスが生まれています。

つまりお金を払って動画編集してもらうということです。
この動画編集代行というのを自分で請け負っていれば収入になりますよね。

ただ、ひとつここで問題があります。
それは当事者にとっては

お金出してまで動画編集してもらう必要性ある?

という意識が強いということです。

すると編集に対しての価値が下がり支払われる報酬額というのは非常に低くなってくるのです。
僕も個人で動画制作始めてから5年くらいは無料で引き受けてましたからね^^;

この感覚は美容室の値段設定と似ていると思います。
美容室でカットのみの料金だと、だいたい4,000円くらいですよね。

カット4,000円が高いか安いかについては個人差が生まれますが、
現実に1,000円カットの業績が伸びているのをみると
ヘアカットのニーズに対して美容室の値段設定がマッチしていないわけです。

だから美容師さんはカット4,000円の価値を
どうやって感じてもらうか日々試行錯誤しています。

話を動画編集に戻すと、
先程の「お金出してまで動画編集うんたらかんたら…」という方に対して

編集をすることでこれだけのメリットがある

というを打ち出すことができなければずっと低報酬なんですよね。

 

新しい稼ぎ方

a_01

では、これから動画編集で低報酬にならならずに稼げるようになるには
どのような道筋をたどればいいのかということについて説明していきます。

そのひとつの方法として僕が提案するのは

マーケティングを学びコンサルティングを行うことです。

これは僕自身も現在行っていることですが、非常に仕事として需要があります。
具体的にやっていることを説明すると

クライアントに対して作成する動画からどういう行動を取って欲しいかを確認します。
じゃあそれが企業の宣伝ムービーだった場合

  • 自社商品を購入してほしい
  • 自社のコンセプトを知ってほしい
  • 採用特設サイトに社員紹介をしたい

などいろんな要望があるはずです。
そのときに、商品の購買意欲を高めたいというならば

  • どんな属性の人に?
  • 年齢層は?
  • その商品を利用するシチュエーションは?
  • 動画以外のプロモーションは?

という話をこちらからもちかけ、
そのための最善なプロモーションを提案する必要があるわけです。

「じゃあそれは動画じゃないほうがいいですね」

と根拠を持って言える能力をもつこと。
その上で動画編集もできるとかなり強いです。

つまりは下請け思考を辞めてコンサルティングをするということです。
あとはどのようにマーケティングを学んでいくかですね。

 

YouTubeマーケティングの学び方

a_02

動画編集はYouTubeにアップするこが全てではありませんが、
近年僕が請ける仕事の殆どはYouTubeにアップする前提の動画制作依頼です。

ってことはYouTubeの仕組みを知ることが動画制作をする上で重要なことになります。
ではYouTubeの仕組みを知るにはどうしたらいいのか?

この答えはアナリティクスを研究することです。

こういう動画は伸びる、
こういう動画はこの層にウケる、
こういう動画は外部コンテンツから呼び込んだほうがアクセスされやすい。

などの傾向と対策を自分の脳内で持てばコンサルティングが行えるようになりますよね。

その一連の工程がYouTubeマーケティングの学びになります。
あとは実践することで動画編集以外の価値提供を打ち出せるわけです。

正直動画編集だけであればクラウドソーシングサービスを使ったほうが
安くてそれなりのものが上がってきたりします。
だから手段としてのスキルよりも目的に直結した価値提供ができるようになれば
動画編集で稼いでいくことは十分可能ということです。

 

YouTube広告収入の今後

僕がここまでしてきた話はクライアントから報酬をもらう前提でしてきました。
ですが、YouTubeの広告収入も長期的にチャンネルを展開するのでれば
まとまった収入として稼ぎ口になります。

その際はチャンネル開設時に広告収益の配分は決めておくようにしましょう。
ないがしろにすると後にトラブルになるので^^;

ただYouTube広告収入をあてにしていると
YouTubeというプラットフォームに依存していることになります。

もし、YouTubeの仕様が変わり広告収益システムを廃止するなんてことになったら
その日からは収益ゼロです。

そうならないためにも、クライアントから信頼を獲得に努めていきましょう。
稼ぐという点においては広告収入よりも多額の報酬を受け取れるようになってきます。

 

最後に

以上が、動画編集の仕事とYouTubeを使った新しい稼ぎ方についての記事でした。

とはいっても動画編集できる能力はひとつの武器になります。
その武器の活かし方で自分に支払われるお金が0円だったり◯◯万円だったりしてきます。

僕の場合は動画編集の能力に加えてブログを使った集客術を学んだおかげで
いまYouTubeマーケティングとコンサルティング事業を個人ではじめることができました。

これは知っているか知らないかだけで人生の仕事の選択肢の幅も広がるので、
少しでも興味あれば下記のメルマガより登録してみてください↓

 
スティーブン倉田の無料メルマガ

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ