トレンドブログ2ヶ月目の考え方と取り組み方→過去の記事と検証

k_614

さあ、1ヶ月目で『がむしゃらに』やった結果、

振り返ってみると記事の数が結構溜まったと思います。

まずはお疲れ様です。自分を思いっきり褒めてあげて下さい!!

毎日1記事しか書けなかったとしても約30記事。

3記事書いてれば約90記事。

100記事超えてる人もいると思います。

人それぞれペースがあるので、記事の量を他人と比較して気にすることは一切ありません。

何よりも1ヶ月継続していることを自身で評価していいでしょう。

なぜかって1ヶ月続く人って少ないからです(汗)

 

トレンドブログ1ヶ月目の考え方と取り組み方→『がむしゃらに』

 

トレンドブログ2ヶ月目

2ヶ月目を迎えるということは、

それまでの1ヶ月間、添削依頼を出してはダメ出しをもらって来たはずです。

きっと最初はよくわからないことも、

感覚的にでこれはダメだということがわかってくる人もいます。

 

恐らくこの1ヶ月でアクセスが急激に増えたという人もいます。

まだ全然増えないという人もいます。

僕の場合は1日4記事ペースで書いてましたが42記事目でアクセスの小爆発が起きました。

そして80記事目で爆発が起こりました。

614_a

 

僕は1ヶ月間でアクセスの爆発を起こせたわけですが、(1日3記事書いてれば誰でも出来ますよ)

そこで初めて、自分のサイトのSEOが底上げされたことに気づきます。

つまり1つの記事のアクセス爆発によって、今まで陽の目を見なかった記事が検索上位に食い込んでくれたのです。

その日を境に過去の記事がアクセス急上昇するんですよね。

すごい興奮したのを覚えてます。頭痛がしましたもん(笑)

 

それを踏まえて、2ヶ月目はこのヒットした記事と

今までのヒットしなかった無数のハズレ記事にはどんな違いがあったのか?

この検証をしつつ記事の更新をしていくことになります。

 

記事の検証をしてSEOレベルを常に確認しておけば失敗が減る理由

 

ネタ選びに苦労する

トレンドブログで稼ぐには検索需要があってライバルが少ないキーワードを狙っていきますが、

1ヶ月目はネタ選定とか特に気にしてませんでしたよね。

それは『がむしゃら』にやってたからです。

それもこれも道を正してくれる人がいるから突き進むことが出来ました。

と言っても自分なりに手が止まらない程度に考えながらやってはいましたよ(汗)

 

しかし、2ヶ月目はしっかり考える必要性が出てきます。

そうすると、1ヶ月目のハズレ記事ってネタ選定が間違っていた事に気づくんですよ。

トレンドブログって『ネタ→タイトル(キーワード)→本文』の順に重要性が高くなると思いがちです。

なので初心者は本文を重要視してしまうのですが、

慣れてくるとタイトル(キーワード)が重要だということに気づきます。

これは添削依頼を出し続けていると分かることです。

そしてその後、ネタがすべてだという結論に至ります。
(ここに気付くのには時間がかかりました)

 

じゃあネタをしっかり選ぼうという発想になりますよね。

これがキツイんです。

何がキツイっていいネタが見つからないんですよ(汗)

何記事も書いていると、このネタはこれくらいのアクセスが見込めるなとか予測がたつようになってくるのですが、

それがわかってくるからこそ

『このネタで記事書いてもアクセスが集まらない。』

『無駄打ちをしたくない。』

そのような感情が湧いてきて、記事の更新ペースが遅くなるんです。

 

僕は2ヶ月目はネタ選定にめちゃくちゃ時間を掛けてましたね。

それだけで1日を消化したこともあります。

その日はテンションがガタ落ちでしたけどね・・・。

 

トレンドブログのネタ選定について~入門編~

 

しかし検証力と選定眼が身につく

いいネタが見つからない日もありますが、

逆に言えば、その判断が出来るようになった分、

これだと思えるネタを記事にすれば、跳ねる確立は高くなりました。

これこそ検証をしっかりするようになったことで、

ネタの選定眼が研ぎ澄まされたということです。

 

なので、2ヶ月目はテンションの浮き沈みが激しかったかもしれませんね(汗)

3記事以上更新を継続してきたのに、2記事・・・1記事・・・最悪、0記事とかで1日を終えたあの敗北感(笑)

その反面、たった1記事が爆発したことで、

ダメだった日も取り返すくらいのアクセスと報酬を得ていたのも事実です。

トータル的にはいい感じで右肩上がりではあったのですが、

メンタル的には不安定だったかなという印象です(汗)

 

他分野への取り組み

また、この時の記事のジャンルって芸能・エンタメ系の記事がほとんどでした。

しかし、このジャンルは流行り廃りが激しいんですよね。

もっと長く安定した記事を書いてみる試みが生まれたのもこの時期です。

つまり非芸能系記事です。

 

僕はこの時が卒業シーズンだったので、それにちなんだ記事を書いてましたね。

非芸能記事を書いてみて思うのは、

まあ検索エンジンにライバルが多いのなんのって(笑)

なぜ初心者が芸能・エンタメ系の記事を書いたほうがいいのかってことがわかりましたよ。

 

トレンドブログ初心者に芸能・エンタメ系の記事を勧める理由

 

2ヶ月目は1ヶ月目と同じことしをてても成長は見込めませんよね。

ベースは変えずに、新たな取り組みをしてみることも大事かなと思います。

そして、より深くアクセスの増減について考えてみるのがいいでしょう。

その検証が出来るのも1ヶ月目で記事を量産したからです。

 

ちなみに2ヶ月目という表記をしていますが、

僕の体験談は1日平均3記事ペースでの感覚になります。

記事数でいったら約100記事目以降のゾーンですね。

なので期間よりも記事数を目安にしてもらったほうがいいでしょう。

そして次は最も面白い段階の、

約200記事目を迎える3ヶ月目のゾーンに入っていきます。

 

トレンドブログ3ヶ月目の考え方と取り組み方→良いネタは寝て待て

 

 
スティーブン倉田の無料メルマガ

 

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ