トレンドブログ初心者に芸能・エンタメ系の記事を勧める理由

k_618

さて記事を書きましょうと言われましても・・・

いざトレンドブログの記事を書いてみようと思ったけど、どんなネタを書けばいいのか?

最初はここに悩むかもしれませんね。

とにかく初記事って無駄に緊張しますから(汗)

僕が最初に書いた記事は女性音楽ユニットのメンバーについてでした。

全然ダメダメな記事ではありましたが、今日検索エンジンでキーワード検索したら

しっかり1ページ目に表示されてましたよ(笑)

ランキング圏外だった記事が時を経てTOP5に入りました。

まさに検索エンジンの世界における単独記事のサクセス・ストーリーです(笑)売れた~!

 

記事ネタは女性音楽ユニットなので芸能・エンタメ系のネタになります。

では何故このようなジャンルをネタに記事を書かなければならないのか?

もっと自分にとって書きやすいネタを記事にするのはいけないのか?

そんな事を思ったりもするでしょう。

では、芸能・エンタメ系の記事を勧める理由についてお話します。

 

芸能・エンタメ系の記事を勧める理由

まずですね、自分がやることを再認識してください。

トレンドブログで月収10万円の収入を得ることは共通の目標だとは思います。

その為にやらなきゃいけないことは”ブロク記事を書いてアクセスを集めること”です。

ちなみにアクセスと収益は比例すると思っておいて下さい。

これがトレンドブログアフィリエイトの稼ぎ方です。

 

そして、アクセスを集めるためには

『検索需要があってライバルが少ないネタ』を選べばいいんです。

では検索需要があるものってなんでしょうね。

きっとyahooやGoogleの検索急上昇ワードとか調べればわかりますよね。

はい、ズバリそれです。

ネットニュースになったり、

テレビで取り上げられたりしたものは検索エンジンで検索する人が増えます。

そこで紹介されたお店にお客さんが殺到するような感覚で、ウェブでの検索需要も高まります。

 

ここを記事にしていくのですが、ひとつ問題があります。

例えば、iphoneの新作が発売されたとしましょう。

そこで、

『iphoneの新作は◯◯機能搭載!実際に使ってみた感想』

などとタイトルを付けてもアクセスは集まりません。

それは、iphoneというキーワードを使って記事を書いてる人は山程いるからです。

 

他にも例を挙げると、

空前のボーリングブームになったとしましょう。

そこでボーリングの記事を書いたとしても、

先人達によってボーリング関連の記事は埋まっています。

よって初心者ではアクセスは集められないでしょう。

 

要は、昔からある言葉というのは既に誰かしらが記事にしているんです。

例えそのキーワードに検索需要があったとしても、

昔からある記事というのはSEOのパワーが強いですからね。

新参者が勝てるわけないんですよ。

なので僕たちが狙うべきキーワードは新しく生まれたキーワードを狙うべきなんです。

今まで無かったけど今年になって初めて生まれた言葉。

これは流行語大賞とかみてるとわかりますよね。まさにアレです。

 

そして、そういう言葉ってどんな分野が一番多く生まれるかというと、

『芸能・エンタメ系』から生まれるんです。

2016年の上半期でも結構ありましたよね。

センテンススプリング
ゲス不倫
文春砲

この辺なんか2015年は誰も記事にしてなかったでしょ(笑)

しかも芸能人というのは、メディアでの発言や行動に影響力があります。

それによって視聴者の検索需要が左右されるんです。

 

新しい言葉は日々生まれるわけではありませんが、

キーワード自体は既存でも、新しいキーワードの組み合わせは毎日生まれています。

『SMAP 解散』とかです。(例えばです)

 

このようなキーワードは、よーいドン!でスタートしているため、

探せば自分が一番初めにおいしいネタを見つける可能性も十分にあります。

それこそ検索需要があり、ライバルが少ないネタなんですよね。

このやり方であれば初心者でも爆発的なアクセスを集めることが出来るんです。

これが芸能・エンタメ系のネタを勧めている理由になります。

 

選定眼を身に付ける

芸能・エンタメ系のネタを勧める理由は他にもあります。

それは、そのジャンルでネタ選定やキーワード選定をしていくことにより、検索需要が高いどんなネタでもライバルが少ない場所を見つける事ができるようになるからです。

 

これはやり続けないと分からないことですが、

大体トレンドブログで収益を得られるようになればこの意味がわかります。

先程言ったiphoneやボーリングでも、

そこからガラ空きのキーワードを探せるようになります。

 

ただ、難しいことは事実です(汗)

なので自分の書きたいネタがあるのであれば、

まずはアクセスを集めやすい芸能・エンタメ系のネタで経験を積み、選定眼を身につけてから自分の書きやすいネタに挑戦してみる。

そのほうが、その分野での成功率が上がると思います。

そういった意味でも僕は、芸能・エンタメ系の記事を勧めています。

 

 
スティーブン倉田の無料メルマガ

 

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ