アドセンスNGワード~自動検知機能に引っかかる言葉とは?~

k_666

Googleアドセンス広告を使って収益を得るにはGoogleの規約を守る必要があります。
その中でペナルティの対象としているNGワードというものが存在します。

これはGoogle社員の直のチェックではなく、自動検知機能に引っかかる言葉です。

今回は過去の事例から具体的にどのような言葉が
NGなのかをお伝えさせていただきます。

 

アドセンスNGワード

a_08

例を挙げましたのでご確認ください。
この言葉がNGだということを使っているか知らずに使っているかで
リスクが大きく変わってきます。

まだ実践して日が浅い場合は、今のうちに確認しておく必要があります。

 

アダルトな内容

これは察しがつくかと思いますが、行為そのものの表現がNGです。
またその商品や関連したものや、フェチズムの深いものもNGです。

▼具体例▼

 

お金で賭け事を表す言葉

テレビでも表現の規制があったり、
プロ野球界やオリンピックなどでも問題になりましたね。

▼具体例▼

 

未成年が飲めないドリンク

これもNGなんです。よく飲のが好きな人はこの言葉を使いがちですが、
実を言うとOKではありません。

▼具体例▼

 

未成年NGの嗜好品など

基本的に子供に知ってほしくない言葉はNGだと思っておいてください。

▼具体例▼

 

警察が取り締まる違法物

芸能人がよく所持して逮捕されたりしていますが、
その言葉を使うのはNGです。

▼具体例▼

 

バイオレンスな表現

極端な言葉は避けましょう。
サスペンスドラマやVシネでよく使われますがブログでは使えません。

▼具体例▼

 

ただ、ガイドラインがあるわけではないです。

それとこれが厄介なのですが、

特に公式でこれがOKこれがNGという風に定められているわけじゃないんです。

あくまでも推測に過ぎません。
なので、もしかするとGoogleは上記のワードの中に
問題視していないものもあるかもしれません。

しかし、その言葉を多用してペナルティを受けたサイトもあるということも事実です。
その辺の事情はGoogleの中にいない限り、確認は出来ません。

こちらとしては最善の最善を取って、
『使わない』という方向でブログを書くようにしてます。

それに直接的にその言葉を使わなくても
他の表現でいくらでも言い回しが出来るのでわざわざリスクを取る必要もないでしょう。

 

画像・動画も同じです。

a_05

また、言葉と同じように画像・動画の使用も例にあげた表現がされていると
ペナルティを受けやすいです。

それと、画像の場合はそこまで規制は厳しくないので
ガチガチに固めるつもりはありませんが、

動画を使用する場合は公式のものを使うようにしてください。

例えばテレビ番組を違法アップロードしている動画を
自分のサイトに埋め込んだ場合、
自分のサイトもペナルティを食らう可能性があります。

動画の埋め込みは公式動画←これは覚えておいてください。

ちなみにテレビ番組のキャプチャ画像も使用はしないようにしてください。

 

グレーゾーンと言い回しについて

a_06

このことを踏まえて記事を書いていくと、微妙な言葉にぶつかります。
このワードってOKなのか?という疑問が浮かぶ時があるんです。

まあOKとも捉えられるしNGとも捉えられるグレーゾーンですね。

僕の推測だとグレーゾーンの場合
検知はされないと思うんですが、手動チェック(Google社員の目視)の時に
ペナルティを受ける恐れがあると思います。

それはチェックする人の判断によって変わると思いますが、
どんな人に見られても見方によってNGを受けるような言葉を使用しているのであれば
迷わずそ使用は避けて言い回しを変えるようにしましょう。

例えば、

連続◯人事件とかは『事件』でまとめるとか、
◯ぬという言葉を『お亡くなりになる』とか表現を変えてください。
『アレ』とか『ソレ』で代用しても構いません。

例えっばトレンドブログの場合は回りくどい言い回しをしても、
そのネタ自体が世間的に話題になっていることが多いので、
記事を読んでる人もなんとなく察しがついています。

 

添削依頼で気付くミス

a_07

これは僕の体験なんですが、
NGワードとか分かっていても無意識に使っている時があるんです。

添削依頼を出して指摘されて初めて、気づくんですよ。
毎回この時に『危ねーっ(汗)』って思います。

それだけ誰かにチェックしてもらう行為って大事なんですよね。

自分もそうでしたが、上記にあげたようなNGワードを
普段使う方は文章書くときにポロっと出てしまうかもしれませんが
慣れてくると言い回し方が上手くなってくるのでそんなに気にすることないです。

もし間違っていたとしても、誰かに添削してもらうことで気づくことができるので大丈夫です!

 
スティーブン倉田の無料メルマガ

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ