ポケモンGO(Ingress)に学ぶ場所にとらわれない生き方

singapore-1383055_640

ポケモンGO(Ingress)はじめました!

異常な人気になってます『ポケモンGO』。

もちろん僕も絶賛利用中です!(もちろんってのもおかしな話だけど・・・)

僕はゲームアプリってほぼやったことなかったのですが、これはハマります。

その大きな理由はARでポケモンが出てくること、

そして、Ingressを使った位置情報システムがゲームと現実の境目を無くしたということです。

特に現実との境目が無くなった点は非常に大きいです。

 

アプリをインストールして画面上にプレイヤーが街に立っているわけですが、

『よく見たらアプリの中の地図が実際の地図と一緒じゃん(汗)』

という驚き+感動も覚えました。

『じゃあ、世界中のいたるところがゲームのフィールドなんだ!』

ってもう少年のような気持ちです(笑)

こりゃ引きこもってる場合じゃないですよね。

 

場所にとらわれないということ

今回のヒットを皮切りに、

このようなIngressを取り入れたゲームが増えるでしょう。

するとどうなるかというと、外出する人が圧倒的に増えると思います。

だって家にいて楽しめるものではないですからね。

外に出て初めてその楽しさが分かってくるんですから。

 

このようにゲームは家でやる家庭用コンシューマーゲームから

家でも外でも出来るポータブルゲームになりました。

そして現在、外でしか出来ないIngressゲームと時代が変わってきました。

僕はこの事実を肯定的に捉えています。

事故やトラブルが多発しているという悪いニュースがよく取り上げられますが、

自閉症患者がポケモンGOをきっかけに外出したという事実もあります。

これは、引きこもり大国日本にとって非常に効果があるものではないでしょうか?

 

仕事も場所にとらわれないように

それで僕は思うわけです。

もうゲームは昔みたいに一つの限られた場所だけでするものじゃなくなりました。

だったら仕事もそうなるのではないでしょうか?

まあ現実そういう人が増えているのも事実です。僕もそうですし。

 

冒頭で、

『じゃあ、世界中のいたるところがゲームのフィールドなんだ!』

という気持ちと同じで、

『世界中どこにいても仕事ができるんだ!』

ってすごくウキウキしま・・・・・・・違うな、

『会社に行かなくていいんだ!』 ← これが正解ですね(笑)

 

僕は今回のポケモンGOのヒットによって

場所にとらわれない働き方が一つの生き方としてより強く確立されるだろうなと思っています。

少なくとも、会社勤めの人よりもポケモンを見つけられる頻度は高いわけですからね(笑)

今日もポッポを何度もゲットしました。 ← こいつどこにでもいるらしいです(汗)。

 

 

スティーブン倉田の無料メルマガ

mail_magazine_bg_v3  

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ