記事の検証をしてSEOレベルを常に確認しておけば失敗が減る理由

k_827

記事公開後には、どのような結果になったか記事の検証をしましょう。

僕がなぜこの検証を勧めているかというと、自分の記事を自己分析して欲しいからなんです。

自己分析と聞くと就職活動を思い出す人がいるかもしれません。

昔、僕の先輩が就活で苦戦している時にこんなことを言っていました。

『自己分析には終わりがない』

まさにその通りです(汗)

 

今回は自分が書いた記事を分析して今後に活かす方法を紹介します。

 

記事の検証のやり方

検証はどこまでやるかにもよりますが、

アナリティクスなどを使った細かい比較検証を行うと、より精度の高い分析結果を得られるので、それは良きタイミングでやってみるといいでしょう。

ただ、最初は簡単なもので構いません。

 

記事公開後のチェックするポイントを説明します。

 

インデックス速度

記事を公開してから検索エンジンにどれくらいのスピードで表示されるかを確認しましょう。

これは、自分の記事タイトルを検索すればわかると思います。

 

サイトを開設して日が浅いうちは、2日後とかになることもあります。

しかし、コンテンツのボリュームを増やしていけばインデックス速度も上がってきます。

すると、公開した直後に記事が検索エンジンに反映されるようになるでしょう。

未来予測系記事から速報系記事に挑戦するのもこのタイミングがいいかなと思います。

 

 

検索順位

検索フォームに狙ったキーワードを入力して検索をしてみましょう。

そして、その結果は何ページ目に表示されたかを見て下さい。

もちろん目指すは1ページ目のトップです。

しかし、最初からそこを狙えるほどのセンスを持ち合わせている人はいないので、

まずは1ページ目に表示されるように頑張りましょう。

 

そこで意識して欲しいのは、

例えばあなたの記事が3ページ目に表示されていた場合、

1ページ目に表示されている記事との相違点を見つけることです。

あなたの記事が1ページに表示されないのには、ちゃんと理由があります。

ここで考えられるものは以下の通りです。

 

・ネタが悪い

・キーワード選定が間違っている

・タイトルが不自然

・記事の文字数が少ない

・価値提供が出来ていない

・規約違反に触れている

 

ライバル記事とキーワードが丸々被っていて順位が低い場合は、ほぼSEOが弱いからだと言えます。

なので、SEOが弱くても検索上位を狙える

『ネタ選定&キーワード選定』の技術が必要になってきます。

 

トレンドブログのネタ選定について~入門編~

トレンドブログのキーワード選定とタイトル付けについて~入門編~

 

ライバル記事

自分の検索順位を知ることと同時に、

なぜ1ページ目の記事は1ページ目にあるのかを分析しましょう。

これにもちゃんと理由があるんです。

自分の記事を分析したように1ページ目の記事も分析してみましょう。

特に僕たちと同じような個人で運営しているトレンドサイトを見るようにしましょう。

それこそ参考にするべきサイトです。

 

もしそれを見て何が優れているのかわからない場合は、

自分の検索結果の前後の記事と比較するといいでしょう。

そのほうが自分の記事とより近いものになっているはずなので、

何がダメで何が良しとされているのかも分かりやすいかなと思います。

 

 

自分のサイトのSEOレベルを知っておく

記事の検証を必ずやって欲しい理由は自己分析をするためと言いましたが、

これで自分のサイトSEOがどれ位に位置づけられているかが分かります。

自分のサイトSEOがある程度分かっていれば記事を書く前のライバルチェックを行った際に、

ここで勝負するかしないかの判断が出来るようになります。

 

記事の検証を行っていない人はそれが分からないので、

絶対に勝てないフィールドで戦いを挑み続けます。

しかし、自分のSEOの状況を把握していれば、

勝てない試合をしないで済みます。

これを知っておくだけで時間の使い方も大きく変わりますし、

稼げるようになるスピードも圧倒的な差が付くことは確かです。

 

失敗を繰り返さないための検証です

初めのうちは記事の無駄打ちが多々あると思いますが、それは全然構いません。

重要なのは同じことを繰り返さない努力をすることです。

その努力が記事の検証だと思います。

 

何度も検証を重ねていけば自分なりの傾向と対策が見えてきます。

失敗することは問題ありませんが、

次は失敗しないようにする意識を持って記事を書くようにしましょう。

その意識一つで結果は変わってきますよ。

 

 

 
スティーブン倉田の無料メルマガ

 

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ