WordPress開設時にこれだけやっておいたほうがいい初期設定

08

サーバーを契約・ドメインも取得してWordPressをインストールすることが出来たら

次にWordPressの初期設定を行っていきます。

初めて立ち上げた方にとっては、
この設定は難関ポイントだと思いますがキツイのは最初だけなので乗り越えていきましょう。

 

基本設定

まずは『設定』メニューからサイトの『タイトル』と『キャッチフレーズ』を決めていきます。
キャッチフレーズはメタディスクリプションといってSEOに影響してくる箇所です。

トレンドブログの場合は記事単位でアクセスを集めるのでここは気にすることはありません。

しかし、
特化型ブログを開設するときなどはしっかりと決めていく必要があります▼

936_a

 

次に『表示設定』を見て行きます。

フロントページは『最新の投稿』を選択して、ページの表示数は10件でいいでしょう。

先ほどと同じで、
トレンドブログの場合は記事単位でサイトに訪れる人がほとんどなので、
こちらもそんなに気にすることはありません▼

936_b_v2

 

最後に『パーマリンク設定』です。ここが一番重要です。

共通設定は数字ベースにするのがベストです▼

936_d

 

パーマリンク設定とは、
これから記事を作成して公開するときのURLをどのように表示するかを決められます。

数字ベースにすることで、
『ドメイン/archives/数字という表記になり、記事ごとにナンバーが割り当てられるようになります。

今読まれているこの記事のURLを見てもらえればわかりやすいかなと思います▼

09

ここで最も気をつけて欲しいのは、この設定は決定したら変更しないで下さい。

仮に、『日付と投稿名』で記事を投稿していたことに後から気づき、
途中で『数字ベース』に変更した場合、全記事のURLのリンクが切れます。

するとリンクが全て新しくなるのでクローラーに見つけられるまで
ずっとリンク切れの状態で検索エンジンに表示されてしますのです。

要は、クリックしてもエラーになるということです。

また、外部サイトの被リンクも書き換えなければいけなくなるので、
絶対にパーマリンク設定は一度設定したら変更しないようにして下さい!

 

必要ツール設定

10

次は導入しておくべきツールを紹介します。

ここではブログを運営する上で
必ず必要になってくるツールなので必ず設定しておいて下さい。

 

Googleアナリティクス

記事のアクセス解析をするために必要なツールです。
特にリアルタイムの検証時に利用することになります。

参照記事:Googleアナリティクスの設定方法と初心者でもわかる使い方

 

Search Console

自身のサイトを管理してくれるツールになります。
こちらもアクセス解析や、SEOを強化が出来るので是非設定しておきましょう。

参照記事:サーチコンソールでメタタグ取得してWordPressに登録する手順

 

各種プラグイン

WordPressをより快適に使いこなすためにはプラグインの導入は不可欠です。

作業の時間短縮にも一役かってくれるモノも豊富にあります。
ここではトレンドサイトを作る場合に入れておいたほうがよいプラグインを以下にまとめました。

 

 

最後に

以上がWordPress開設時のやっておいたほうがいい初期設定です。

作業量は結構ありますし何がどう影響するのかはわからないと思いますが
それはいざ作業してみてわかったりするものなので、
今は流れるままに設定を終わらせましょう!

 
スティーブン倉田の無料メルマガ

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ