YouTubeアップロード方法と時間が遅いと感じた時の対処

k_984

では、YouTubeを使って実際に動画をアップロードして行きましょう。

この作業は何度も行うことになるので、ガンガン投稿して慣れていきましょう。

 

YouTubeに動画をアップロードする方法

まず、ホーム画面の右上にあるアップロードのボタンを選択します。

984_a_v2

 

すると動画を投稿する画面に変わります。

984_b

 

ここで公開ボタンを押すと、プルダウンから公開設定を決めることが出来ます。

『公開』
そのまま動画を公開することが出来ます。

『限定公開』
URLを知っている相手だけが視聴することが出来ます。

『非公開』
自分だけしか視聴することが出来ません。

『公開予約』
公開の日時を指定して予約することが出来ます。

 

アップロート中でもこの設定は変更することが出来ます。

ここでは『非公開』に設定して一旦アップロートしましょう。

すると、以下のような画面になるので動画の情報を入力していきましょう。

※アップローがド完了してからでも編集は出来ます。

984_c_v2

 

ここから動画情報の入力と収益化を設定します。

 

『タイトル』『説明文』『タグ』を入力する

984_d

この情報はYouTube検索結果に大きく影響する部分なので、

しっかりと考えて入力するようにしてください。

また、より再生回数を増やしたいのであれば

コピーライティングのスキルも必要になってきます。

 

収益化する

984_e_v2

『収益受け取り』タグを選択したら『広告で収益化』を有効にします。

すると広告フォーマットが現れるので、全てチェックを入れます。
(デフォルトで入っている場合はそのままでOKです)

 

サムネイルを決める(カスタムサムネイル)

動画のアップロードが完了したら、

『動画のサムネイル』に3パターンのサムネイル画像が表示されます。

この中から好きなサムネイルを選びます。

984_g_v3

ただ、動画のサムネイルは視聴者の視覚的興味を持たせるための重要なポイントになります。

表示されているサムネイル画像は、YouTube側でランダムで選んだものです。

右側に設置されている『カスタムサムネイル』を使えば自分で気に入ったキャプチャ画像、

またはオリジナル画像を表示することが出来るので、これを積極的に活用していきましょう。

 

984_i

 

カスタムサムネイルから画像を選ぶと4枚目のサムネイル画像が現れます。

 

公開する

あとは、このまま公開するのであれば『非公開』→『公開』にして完了ボタンを押せばこの動画は公開されます。

984_j

 

予約する場合は『スケジュール設定済み』を選んで投稿する日時を決めたら完了ボタンを押します。

以上でYouTubeの動画アップロードは完了です。

 

アップロード時間が遅いと感じたら

アップロード完了するまでの時間が遅いのは基本的に容量が重いことが原因です。
(目安では、約20MBでかかる時間が大体3分くらい)

その対処として以下の方法があります。

 

容量を軽くする

容量を軽くすればアップロード時間は速くなりますが、そのぶん画質が落ちます。

動画の内容によって高画質である必要がない場合は解像度を落としてアップしましょう。

 

固定回線でアップロードする

なるべく通信速度が速い回線でアップロードしたほうがいいのです。

その点モバイルwifiなどの回線は遅く感じますね。

また、1つの回線でアップロードしているとその最中はネットが重くなるので、

回線は2つあるのが理想です。

 

アップロードが集中する時間を避ける

平日の午前中と週末の夜で比べると後者の時間帯ほうがアップロードが集中します。

ただ、これはそこまで影響するのか微妙ですね。

 


以上がYouTube動画のアップロード方法とアップロード時間が遅いと感じた時の対処法でした。

より効果的にアクセスを集める場合はもっと細く設定していく必要がありますが、

ベースはこれだけで問題ありませんのでガンガン動画投稿を楽しんでいきましょう!

 
スティーブン倉田の無料メルマガ

 

   

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ