動画コンテンツ制作依頼

irai_a04

 

動画コンテンツ制作依頼サービスにお越しいただきありがとうございます、スティーブン倉田です。

最近は”動画”の需要がどんどん高まっていますよね。

気がつけばそこらじゅうに動画を使ったコンテンツがあふれています。

それだけ動画作成が身近な存在になったんだと思います。

やろうと思えば誰でもスマホひとつで撮影が出来て

アプリを使えば感覚だけで編集作業を行うことができるんですから、

ちょっとした興味さえあれば様になった動画は短期間で完成できるでしょう。

10年前は一部の人しか作れなかった映像も今では女子高生の指先ひとつで再現出来てしまいます。

それだけプロとアマチュアの差はなくなってきたんですよ、本当に(^_^;)

だからお金が無いけど時間はあるという方は自分で作ったほうがお得ですよ(小声)

しかし、このページをご覧頂いているということは、

時間が無いとかそこに時間を使えない方がほとんどだと思われます。

 

スティーブン倉田の強み

irai_b

先程、動画に需要があると言いましたが

それと比例するように動画を作ってくれる人も増えています。

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスをみると”動画つくりますよー!”という方がたくさんいます。

Googleで検索すれば動画制作代行サービスを行う企業もたくさん存在します。

では、その他とスティーブン倉田の違いは一体何なのか?

それは2つあります。

 

まずひとつは、

業者よりも制作費を安く済ませることが出来る点です。

基本、動画制作を業者に依頼すると会社組織で動くため金額設定がシビアになってきます。

作業毎に料金が設定されており、尺に対して作業人数を割り当てるといったことを行います。

なので、動画でやりたいことがあった場合は内容のオプションを足し算していく流れですね。

スマホに有料アプリを追加していく感じと近いところあります。

irai_c02

 

しかし、ぼくはこれに対して予算ありきで制作に取り組みます。

予算と「その動画で何がしたいのか?」「どういう動画をつくりたいのか?」

の部分をヒアリングして予算内で収まるような制作方法を提案させて頂きます。

本来であれば有料オプションになるはずの演出も目的が定まっていれば低予算でも創意工夫はできますので^_^

選りすぐりのスマホ無料アプリを紹介する感じです(笑)。

irai_e

 

そしてもうひとつはクラウドソーシングサイトで動画をつくってる人たちとの違いについてですが

これはズバリ、

動画を作った後のサポートも出来る点です。

例えばですけど、「プロフィール動画を作る」といってもそれを誰がどこで見るのかで全然見せ方が変わるんです。

  • 公式サイトのトップページに埋め込むのか?
  • 動画投稿サイトにアップするのか?
  • イベントスペース内のモニター画面に流すのか?
  • 結婚式の披露宴会場でプロジェクターを使って流すのか?

どれもシチュエーションが違いますよね。

irai_f

逆にこのシチュエーションに合わせた動画作りをしないと受け手には何も響きません。

ただ動画を作ってはい終わりではなく、その後の見せ方や売り出し方を考え

その先にどういうアクションを取って欲しいのか?そのために出来ることはなんなのか?

というマーケティングの観点で制作を心がけ、その後の打ち出し方のご相談もさせてもらいます。

 

なぜその後のサポートができるのか?

僕の動画制作歴は2008年からになるんですが、撮影・編集はもちろんのこと企画から構成、演出も経験してきました。

制作もそうですが、現場に出向いて映像演出を行うこもあります。

単独公演の映像や音楽ライブなどにおいて現場で効果的に盛り上がる動画演出というのはコツを掴んでいます。

170904

また、僕は過去に芸人をやっていたので映る側の見せ方をアドバイスすることも可能です。

さらに現在スティーブン倉田は動画コンテンツ以外にも、Webを使ったオウンドメディアの構築に努めています。

オウンドメディアとは特に定義が定まっているわけではありませんがとことんユーザー視点を意識したネットコンテンツ中心の自分のメディアのことを意味します。

なので僕は個人でブログサイト立ち上げ、SNSアカウントを使い分け、属性に合わせた動画投稿に取り組んでいます。

そこで得た集客方法、SEO対策、拡散の法則などを考慮して動画制作出来ることも大きなアドバンテージになります。

わかりやすいところで言えば、

最近のテレビドラマってテレビ上で作品流すだけじゃないですよね?

第1話放送間近になると番宣の為に1日通して情報番組やバラエティ番組にゲスト出演するのは昔からの方法でしたが、

今ではドラマの公式TwitterやインスタのアカウントさらにLINEアカウント、テレビ局の公式YouTubeチャンネル等で告知をしています。

それだけネットを駆使したアプローチをしないと視聴率が取れないんです。

しかも、その劇中にSNSで拡散されやすい演出を仕掛けることも視聴者の行動を左右します。

そのような仕掛けを作成する動画内に作ることも可能ということです。

 

制作実績

以下は過去に僕が制作依頼を受けた一部の案件なので、参考までにご覧いただければと思います。

 

企画プロモーション動画

自社商品やサービスなどの企画をプロモーションしたいという要望に対応させていただきます。

こちらは動画公開できませんが、ビジネスコミュニティスクール開催のプロモーション動画制作(編集)を行いました。

spthanks

 

MV・PV制作

アーティスト様、または企業プロモーションのための動画を作りたいという要望に対応させていただきます。

こちらの動画はミュージックビデオを制作(撮影・編集・構成・演出)したものです。

 

CM制作

イベント告知のためのCMを作りたいという要望に対応させていただきます。

こちらの動画はクラブイベント定期開催のパロディCMを制作(編集)したものです。

 

YouTubeチャンネル運営サポート

これからの時代はホームページに加えてTwitterやinstagramなどのSNSアカウントを駆使した発信が企業・個人にかかわらずマストになってきます。

なぜなら今まで多大な影響力をもっていたテレビや雑誌よりも上記のようなツールを利用したほうが

瞬時に情報がフォロワーに届き、そこからまた瞬時に情報が拡散されるからです。

そのなかでもYouTubeという動画配信サービスはひとつの動画で多くの情報量をユーザーに伝えることが出来るので

もっとも新規顧客(ファン)を獲得しやすいツールなんです。

しかし現状としてYouTubeチャンネルの作り方がわからなかったり、

アカウントは作ったけど誰に向けての発信なのかふわふわした状態で運営を行っていたりしている方は多いです。

こちらではそういった問題を解決するために

YouTubeチャンネルの開設から発信までをスティーブン倉田がサポート対応させていただきます。

参考までに現在僕が担当しているYouTubeチャンネルを紹介いたします(編集業務も兼ねてます)

https://t.co/9w8E4Bwplt

 

デモリール

今から紹介する動画は僕が3CG制作会社で働いていた頃に関わったデモリール(作品集)です。

僕が担当していたのはモーションキャプチャー収録業務及びフル3CCGアニメーション業務です。

下記動画のようなフル3DCGの制作依頼は個人で対応できないため要相談となりますが予算次第で制作会社との仲介役としてお話を進めさせて頂きます。


 

上記動画やコンテンツをご覧になった上で共感できる部分がございましたらいつでもご連絡ください。

ちなみに僕は笑いを生む演出は得意です(笑)。

これは僕の芸人時代からの笑いをコンセプトに生きている部分があるんで、そのような動画をつくりたいという方は大歓迎です!

 

それと、現段階で

『ブランディングのための動画がつくりたい』

『自社のYouTubeアカウントを開設してサービスを紹介していきたい』

『視聴者者の購買意欲を高める動画にしたい』

といった、

目的は定まっているけどそのためにはどのような動画を作ればよいかわからない

という場合でも無料で見積もりとアイデア出しをしますので一度音声でご相談下さい。

その際はスカイプでのやりとりになりますのでご了承くださいませ。

 

ご相談は下記のお問い合わせフォームより受け付けています。

ご連絡を受けてから24時間以内に返信させて頂きます。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

お問い合わせ内容はこちらでよろしいですか?
  

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ