WordPressプラグインの見つけ方&インストール出来ない時の対処

k_1480

WordPressをインストールしてから初期設定をしていく中で、プラグインの導入は不可欠になります。

プラグインはサイトデザインを整えてくれたり、作業時間を短縮してくれるものがたくさんあります。

これらはHTMLとかcssなどを書き換えて対応もできますが、プラグインを使えば難しいコードをいじらなくてもいろいろ設定出来るので最初は積極的に使っていっていいでしょう。

倉田

そもそもコードをいじるのは難易度高いですよね汗

今回はそのプラグインの見つけ方からインストールまたは、それが出来ない時の対処を説明していきたいと思います。

WordPressプラグインの見つけ方~インストール有効化

インストール方法は2つあるので説明していきます。

WordPressからプラグインを新規追加でインストールする方法

管理画面から『プラグイン』を選び、『新規追加』を選択します▼

1480_a

 

プラグインの一覧が出てきますが、プラグインの入力フォームに必要なプラグイン名を正確に入力します。
※プラグイン名は似たようなものが多くあるので完全一致で検索してください▼

1480_b

 

入力したら、『今すぐインストール』をクリックします。今回はpost-viewsをインストールしてみます▼

1480_c

 

画面が切り替わるので、『プラグインを有効化』を選択します▼

1480_d

 

これでインストールが完了しました▼

1480_e

 

アップロードしてインストールする方法

検索エンジンで必要なプラグイン名を入力して該当サイトを開きます。

ダウンロードボタンがあるのでダウンロードします▼

1480_f

 

プラグインの『新規追加』から『プラグインのアップロード』をクリックします▼

1480_g

 

先ほどダウンロードしたZipファイルを指定してアップロードします▼

1480_h

インストール後に有効化をして完了です。

インストール出来ない時の対処

プラグインのインストールを2つのやり方で説明しました。

では、上記の方法でインストールが出来なかった場合はどうすればいいか。

ここはFTPの出番です▼

1480_i

public_html → wp content → plugins

の階層を辿っていくと上記のプラグインが格納されたフォルダが表示されるので、ここにダウンロードしたプラグインをアップロードをしていきます。

このやり方でのインストールは緊急時かなと思うので基本は検索してインストールするかアップロードでインストールするかのどちらかですね。

最後に

ブログ運営を継続しているとプラグインの数の多さに気づくと思います。

そこで、より運営が便利になるように新しいプラグインをたまにリサーチしてみるのもアリですね。

倉田

意外とこれ使えるじゃん!

というものがネット上にけっこう転がってたりするので時間ある時にチェックしてみましょう!

 

  g_001      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です