テレビを見ない生活で得られる最大の効果は自分の時間が作れること

1806n

もう最近ではテレビを見ない人がいても全く驚くことはなくなってきました。

一昔前は人と話す時の話題もテレビネタ中心でしたがもう今どきの学校では

昨日の◯◯(番組名)見た?

なんて会話消えてるんじゃないでしょうか。

これは俗に言うテレビ離れが進んでいるだけの話なんですけど、僕はこれを肯定的に捉えています。

なぜならテレビを見て得られるものとテレビを見ないで得られるものを比べると圧倒的に後者のほうが豊かな生活を送れるようになるからです

僕の場合はテレビを見なくなったことで収入が倍増したという経緯があります。

直接的にそうなったわけでわありませんがテレビを見なかっただけで自分にとって+の効果を生み出すことが出来るのです。

今回、テレビを見ない生活で得られる効果について体験談を交えていろいろお話していきたいと思います。

テレビを見ない人になったきっかけ

1806o

実を言うと僕はもともとヘビーなテレビ好きで小学校から成人になるまでテレビのない生活とか考えられないという具合の人間でした。

しかし、インターネットの普及によりだんだんテレビを見る時間よりもネットをする時間のほうが増えてきたんです

…と言うのは嘘で、

ネットをしながらテレビも見るという欲張りなことを長いことしてました汗。

で、テレビを見なくなった本当のきっかけは当時住んでいたアパートの部屋のレイアウトを変えようと配置を考えていたときに

どう考えてもテレビが邪魔に思えてきたことにあります。

もしその時僕の持っているテレビが薄型であればそう思わなかったかもしれませんが、残念ながらブラウン管テレビだったため必然的に部屋の角のスペースはテレビを置く配置になってしまうわけです…。

でも、よくよく考えたら僕が部屋のレイアウトを変更するときっていつもテレビを中心に配置してきたんですよね。

そう思ったとき、ふと気づいたんです。

スティーブン倉田

テレビが無ければ部屋の雰囲気ガラッと変わるのでは?

そう思って速攻でブラウン管テレビを捨てに行きました。

当時自分でも思い切った行動をとったなと思いますがとてもすっきりしましたね(僕は思い切りの良い男です)。

テレビを見ない生活スタート

1806p

そこからテレビを見ない生活が始まるわけですが最初こそ違和感があるものの慣れると普通です。

むしろテレビが無くても生活って出来るものなのだということを実感することが出来ました。

知りたいことはネットで検索すれば解決できるし、Twitterでも開けば”いま”の情報はテレビよりも早く知ることが可能ですからね。

僕はこの生活を3年ほど続けましたが、そこで得られた最大の効果は

ズバリ

 

『時間が増えた』

 

ということです。

テレビってプライムタイムだと大体1時間とか特番だと2時間といった枠で放送されていると思います。
つまりその時間はテレビの前にいなければならないわけです。

それは視聴している時間の場所の拘束をされていることと同じなんですよね。さらに、特定の番組を見るために前段階から生活の行動を放送時間に合わせなければならないという制限もあります。

テレビっ子

今日は21時から見たいドラマがあるから18時までに会社を出て、その後友達との食事あるけど20時30分までには切り上げれば間にあうかな~。

と言った具合にテレビの放送時間帯に家にいること前提にスケジュールが組まれがちです。

僕も昔こんな感じでしたし、トレンディードラマ全盛期の頃は月曜9時のフジテレビドラマ、通称月9を見る女性が多かったことから

【月曜9時は街からOLが消える】

なんて言われていたそうです。

今の時代はスマホやタブレットで見逃し視聴などできるようになったので街から消える必要はありませんが当時のことを考えるとめちゃくちゃテレビに生活を左右されてたなと感じます。

しかし、テレビがなくなれば他のことに時間を使えるようになります

僕はそこでやりたかったことやこれからのことを考える時間に使えてすごく生活が充実してきました。

このようにライフスタイルの核となる部分を変えると新しい自分と出会えるようになります。

これはとても有意義なことだと思っていますね。

テレビは受け身すぎる

1806q

テレビはこちらが見たいものを提供してくれるわけではありません。
こちらの『知りたい』には詳しくは答えてくれないのです。

だからネット利用者が増えるわけですよね。
自分の知りたい情報をダイレクトに細かく調べられるのであれば絶対にそっちのほうがいいです。

僕がテレビを見ることでよくないと思っているのは受け身な媒体なので自分で考えなくなってしまうことです。

というのも、自分がテレビを見ていた時のことを思い出すと『無意識』でいることのほうが多かったと感じます。

要は”見る”ではなく”流してる”という表現が近いですね。

僕がテレビ付けながらネットしてたときなんか完全に流し見状況ですよね。

別にテレビを全否定してるつもりはありません、現に僕は今テレビをたまに見ます。

その理由はテレビという媒体は子供やお年寄りといった幅広い層に向けて放送されているので

どんな人にもわかりやすく作られていて勉強になるんです。

実際、ネットだけの情報に頼ると考えが偏りがちになります。
なのでそこはテレビの情報とバランスをとる必要があるなと今は思っています。

結局はバランスが大事というまとめになってしまうのですが、目的もなくテレビをつけるという行動は自分の時間を相当奪っているのは事実ですので意識しないといけないことですね。

そして豊かな暮らしを送るにはテレビを見る時間を減らしてその時間で自分の成長に繋がる何かをしたほうが絶対いいですし、それが何かを知るためにも考える時間を設けたほうが良いんです。

それを手に入れるには、テレビを見ない生活を送ることからはじめてみるのがよいのではないでしょうか?

というヘビーテレビっ子だった僕からの提案でした笑。


g_001  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です